fbpx

お客さんの心をわしづかみにするメッセージの4ステップ

ほとんどの人はどんなに良いコンセプトを作っても読まれません。ただし、ある4つのステップを踏んでメッセージを作ることで、お客さんはあなたの話をどんどんと聞きたくなり、心をわしづかみにすることができます。

今回は、ターゲットとして「フリーランスのクリエイター」を例にして、具体的なメッセージの作り方を説明します。

1. お客さんのペルソナを明確にする

お客さんのペルソナを明確にすることが、最初のステップです。ペルソナが不明確だと、メッセージも曖昧になりがちです。

  • 誰に対してメッセージを伝えるのかを明確にすることで、その人にとって響く言葉を選ぶことができます。
  • 「30代のフリーランスのクリエイターで、自由な働き方を好み、クライアントとのコミュニケーションを円滑にする方法を探している。」

フリーランスのクリエイターは、多忙なスケジュールと複数のプロジェクトを同時に管理するため、効率的なツールやコミュニケーション方法を求めています。

2. お客さんの悩みや欲求を理解する

お客さんが直面している悩みや欲求を深く理解することが重要です。

  • お客さんのニーズに直結したメッセージを提供することで、強い共感を得ることができます。
  • 「プロジェクト管理が難しい、クライアントとのやり取りがスムーズにいかない、納期に追われてストレスを感じている。」

例えば、プロジェクト管理の効率化を図るためのソフトウェアを提供する場合、これらの悩みに対応する解決策を提案する必要があります。

3. 共感を示すメッセージを作る

お客さんの悩みに対して共感を示し、その後に解決策を提案します。

  • 共感を示すことで、お客さんに「自分のことを理解してくれている」と感じてもらうことができ、信頼感が生まれます。
  • 「フリーランスとして働く中で、プロジェクト管理が煩雑になり、クライアントとのコミュニケーションに苦労することが多いですよね。そんなあなたに、これまでの悩みを解決するプロジェクト管理ツールを紹介します。」

ここでは、フリーランスのクリエイターが抱える具体的な問題に触れることで、彼らの共感を得やすくなります。

4. 解決策を明確に伝える

あなたの提供するサービスや商品が、どのようにお客さんの問題を解決するのかを明確に伝えます。

  • 明確な解決策を示すことで、お客さんが行動を起こしやすくなります。
  • 「このツールを使えば、プロジェクトの進行状況を一目で把握でき、クライアントとのコミュニケーションもスムーズに行えます。また、納期管理が簡単になり、ストレスも軽減されます。」

具体的なメリットを示すことで、お客さんに「これなら自分の問題を解決できる」と思ってもらえます。

まとめ

お客さんの心をわしづかみにするメッセージを作るためには、お客さんのペルソナを明確にし、悩みや欲求を理解し、共感を示しながら解決策を提供することが重要です。特にフリーランスのクリエイターのようなターゲットに対しては、彼らの具体的な問題に対して共感し、それを解決する具体的な方法を示すことで、強いメッセージを作ることができます。

この4つのステップを踏むことで、あなたのメッセージはお客さんの心に響き、行動を促す力を持つようになるでしょう。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら