fbpx

運動が脳の回復力を高める

友だち追加

最新の研究によると、運動は脳に数々の利益をもたらすことが明らかになっています。

脳の発達を促進し、認知症のリスクを低減させるなど、脳機能の成長と保護に運動が寄与します。

また、運動を習慣にすることで脳の「認知予備力」を構築し、障害が起こった際の回復力を高めることも明らかになっています。認知予備力とは、認知機能を低下させる要因(加齢やストレス)の影響を受けても、その影響に対抗する能力のことです。

ブラジル・サンパウロ連邦大学が147本の論文を分析した結果、運動は小児期から青年期、高齢期を問わず、ストレスや加齢による脳へのネガティブな影響を軽減することが分かりました。

特に、初期段階での運動によって認知予備力を蓄積することが、将来の認知障害や認知症に対する回復力を向上させることも確認されています。

結局のところ、長期かつ定期的な運動は、脳の回復力を向上させる重要な鍵であると言えるでしょう。

もし運動を始めるのに遅いと感じているなら、気づいた時が一番若い日です。脳の回復力を高めるために、何か一つの運動から始めてみましょう。

参考情報:
The Contribution of Physical Exercise to Brain Resilience (Frontiers in Behavioral Neuroscience)

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事