fbpx

クリック率に惑わされるな!広告運用で本当に見るべき指標とは

どうも、いわさきです。

「クリック率」や「クリック単価」って、広告を運用するときによく見る数字ですよね。特に初心者の方は、これらの数字に一喜一憂しがちです。でも、広告運用の本当の目的を理解することが大事なんです。

ベテランなら、これらの数字の意味や、その背後にある重要な要素を理解していますが、初心者はついつい目先の数字にとらわれがちです。まず最初に覚えておくべきは、「クリックよりも成約の方が重要である」ということです。これを理解することで、広告運用の目的を見失わず、本来の目標に向かって効果的に進むことができます。

「クリック < 成約」

「クリックよりも成約の方が大切」。このシンプルな原則を理解することで、広告運用の方向性が明確になります。広告の最終的な目的は、クリック数を稼ぐことではなく、成約を得ることにあります。クリック率やクリック単価は、広告の一部の側面を表すに過ぎません。

本当に重要なのは、広告がどれだけの成約を生み出すかです。つまり、広告の効果を測る際には、成約率に注目することが不可欠です。成約こそが、広告の成功を判断する最も重要な指標であり、クリック数や単価はその過程に過ぎないのです。

広告初心者あるある

広告初心者が陥りがちなミスって、「クリック率」や「クリック単価」にばかり注目してしまうことなんですよね。これ、初心者にとってよくあることです。クリック率が高いと、広告が成功しているように見えますが、実際にはそうとは限りません。

「広告運用をしている感」があるため、クリック率などの数字にばかり目が行ってしまうのです。しかし、重要なのはその先にある成約です。広告を出す目的を見失わず、成約を目指して運用を進めることが大切です。これにより、広告の本来の目的を達成するための具体的な戦略を立てることができます。

運用をしている感がある?

クリック率などの数字を見ていると、「何となく広告運用をしている感がある」からかもしれません。数字を追いかけること自体が目的となり、広告の本来の目的を見失ってしまうことがあります。しかし、本当に大切なのはその先にある成約です。

広告を出稿する目的は、「集客すること」であり、「広告をクリックしてもらうこと」ではありません。広告運用を成功させるためには、目的を明確にし、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出すことができるのです。

「出稿する」ことに満足?

広告を「出稿する」ことに満足してしまっていませんか?重要なのは、広告で「集客すること」です。目的が「出稿すること」に変わってしまうと、本来の目標を見失ってしまいます。

広告の本来の目的は、商品やサービスを効果的に宣伝し、ターゲットとなるお客さんに届けることです。そのためには、広告の効果を正確に測定し、改善を繰り返すことが必要です。広告運用においては、常に目的を意識し、成約に結びつくような施策を講じることが重要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出すことができます。

クリック率やクリック単価なんて関係ない?

極端な話、クリック率やクリック単価は関係ないと言えます。なぜなら、広告の最終的な目的は成約を得ることだからです。「目的」と「手段」の違いを理解することが重要です。クリック率やクリック単価は手段に過ぎず、本当に重要なのは成約数です。

例えば、クリック率が高くても成約が少ない場合、その広告は効果的ではありません。逆に、クリック率が低くても成約数が多い場合、その広告は成功していると言えます。広告運用においては、成約を最優先に考え、クリック率やクリック単価は二次的な指標として捉えることが重要です。

セミナー集客の場合で考えてみると

例えば、セミナー集客を題材に考えてみましょう。

  1. 1,000人がクリックしてくれて、1人が参加
  2. 10人がクリックしてくれて、5人が参加

どちらが良い広告でしょうか?答えは明白です。1,000人がクリックしても1人しか参加しない広告は、良い結果とは言えません。広告の目的はクリック数を稼ぐことではなく、成約を得ることです。成約率が高い広告が効果的であると言えます。

このように、成約を目指して広告運用を行うことで、効果的な広告戦略を立てることができます。広告の目的を明確にし、成約を最優先に考えることで、広告の効果を最大限に引き出すことができます。

目的はクリックしてもらうこと?

広告を出稿する目的は、「セミナーに集客すること」であり、「広告をクリックしてもらうこと」ではありません。クリック数にばかり目を向けてしまうと、本来の目的を見失ってしまいます。広告運用においては、常に目的を意識し、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。

成約を得るためには、広告の内容やターゲティングを見直し、効果的な施策を講じることが必要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。

ついつい目が行ってしまう?

運用し始めると、クリック率やクリック単価などの数字に目が行ってしまいがちです。これは初心者に限らず、経験者でも陥りがちなミスです。しかし、本当に大切なのは成約です。

クリック率やクリック単価は、あくまで手段に過ぎません。成約を最優先に考えることで、広告の本来の目的を見失わずに運用することができます。広告運用の際には、常に目的を意識し、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。

目的はクリックしてもらうことじゃない

私たちが広告を出稿する目的は、「申込をしてもらうこと」です。クリックをしてもらうことではありません。広告の目的を見失わず、成約を最優先に考えることが重要です。クリック数やクリック単価は、あくまで手段に過ぎません。

成約を得るためには、広告の内容やターゲティングを見直し、効果的な施策を講じることが必要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。広告運用の際には、常に目的を意識し、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。

クリック単価は何円でも良い?

目的が達成されるなら、極端な話、クリック単価が千円でも一万円でも構いません。重要なのは成約に結びつくことです。クリック単価を低く抑えることにばかり目を向けていると、本来の目的を見失ってしまいます。

広告の目的は成約を得ることです。成約を最優先に考えることで、広告の本来の目的を見失わずに運用することができます。広告運

用の際には、常に目的を意識し、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。

実はクリックさせないことの方が大事

実は、クリック率が低い方が良い場合もあります。無駄な広告費を抑えるためには、成約に至らないユーザーに広告をクリックさせないことが重要です。広告運用においては、ターゲットとなるユーザーを絞り込み、成約に結びつくユーザーにのみ広告を表示させることが大切です。

これにより、無駄な広告費を抑え、広告の効果を最大限に引き出すことができます。広告の目的を明確にし、成約を最優先に考えることで、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。

あなたが広告を出稿する目的は?

あなたが広告を出稿する目的は何でしょうか?

「申込をしてもらうこと」でしょうか?

「クリックをしてもらうこと」でしょうか?

広告の目的を見失わず、成約を最優先に考えることが重要です。広告運用の際には、常に目的を意識し、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。広告の目的を明確にし、成約を最優先に考えることで、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。

まとめ

これを理解していれば、本質に目を向けることができます。「クリックは分かりました。で、肝心の成約は?」と部下や代理店、代行業者に聞くことができるからです。広告運用の際には、常に目的を意識し、成約に結びつくような戦略を立てることが重要です。これにより、広告の効果を最大限に引き出し、成約率を向上させることができます。広告運用の際には、ぜひ参考にしてください。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら