fbpx

価値を最大限に伝え高い成約率を出すHPの構成と内容

HPはあなたにとっての営業マンです。HPの内容や構成によってお客さんはあなたの価値を感じ購入してくれるかが決まるので、何となく作っても、デザイン優先で自分好みで作っても、まったく集客できません。お客さんの心を動かす正しいHPの構成と内容を使い、価値を理解してもらい高い成約率で集客していきましょう。

1. キャッチコピーとファーストビュー

訪問者がHPに訪れた瞬間に、あなたのビジネスの価値を一瞬で伝える必要があります。ファーストビューは第一印象を決める重要な部分です。

  • 明確で魅力的なキャッチコピー: 「○○であなたの○○を解決します!」など、訪問者の関心を引くキャッチコピーを用意します。
  • 魅力的なビジュアル: 高品質な画像や動画を使い、ビジネスの価値を視覚的に伝えます。

2. お客さんのニーズと課題の提示

お客さんが直面している問題やニーズを明確に示すことで、「このHPは私のためにある」と感じてもらえます。

  • 共感を引き出す文章: 「こんな悩みを抱えていませんか?」と問いかけ、訪問者の課題を具体的に挙げます。
  • 市場調査に基づくデータ: 信頼性の高いデータを使って、お客さんのニーズや課題を裏付けます。

3. あなたの強みと価値の説明

他の競合との差別化を図り、なぜあなたが最適な選択なのかを理解してもらうためです。

  • USP(Unique Selling Proposition)の強調: あなたのビジネスが他と何が違うのか、一言で伝えるメッセージを作ります。
  • 具体的な実績や経験の共有: 「これまでに○○の実績があります」など、具体的な事例を示します。

4. 成果や実績の紹介

実績や成果を示すことで、信頼性を高め、お客さんに安心感を与えることができます。

  • 顧客の声や証言: 「○○さんのおかげで○○が達成できました!」といった具体的な顧客の声を掲載します。
  • 具体的なデータや事例: 「売上が○○%向上しました」「○○社が導入」など、具体的な成果をデータで示します。

5. サービスや製品の詳細

あなたが提供するサービスや製品の詳細をわかりやすく説明することで、お客さんが具体的な価値を理解しやすくなります。

  • シンプルな説明とビジュアル: 複雑な説明は避け、シンプルでわかりやすい言葉とビジュアルを使って説明します。
  • 価格やプランの明示: 価格やプランを明確に示し、お客さんが安心して選べるようにします。

6. 人間らしさの紹介

人間味を感じてもらうことで、親しみやすさと信頼感を高めます。

  • スタッフの紹介: 「私たちはこんなチームです」といった形で、スタッフのプロフィールや写真を掲載します。
  • 企業のストーリー: 企業の設立背景や理念を共有し、ビジネスの本質的な価値を伝えます。

7. 明確なコール・トゥ・アクション(CTA)

お客さんが次に何をすればいいのかを明確に指示することで、行動を促しやすくします。

  • 複数のCTAボタン: 「今すぐ問い合わせる」「無料相談を申し込む」など、具体的な行動を促すボタンを配置します。
  • シンプルなフォーム: 問い合わせフォームや申し込みフォームを簡単にし、記入のハードルを下げます。

8. サポート情報とFAQ

お客さんが疑問や不安を感じたときにすぐに解決できるようにすることで、成約率を高めます。

  • よくある質問(FAQ): お客さんが抱きやすい質問に対する回答をあらかじめ用意します。
  • コンタクト情報の明示: 電話番号やメールアドレスを明確に示し、簡単に問い合わせできるようにします。

まとめ

価値を最大限に伝え高い成約率を出すHPを作るためには、構成と内容をしっかりと計画し、お客さんの心を動かすメッセージを伝えることが重要です。ターゲットのニーズを理解し、あなたの強みを明確にし、具体的な成果を示すことで、お客さんに「ぜひあなたにお願いしたい!」と思ってもらえるHPを作りましょう。


ベイビーステップ

1. キャッチコピーとファーストビューの作成

ステップ

  • あなたのビジネスの本質を一言で伝えるキャッチコピーを考える。
  • 魅力的なビジュアル(画像や動画)を選び、ファーストビューに配置する。

2. お客さんのニーズと課題のリサーチ

ステップ2

  • お客さんにアンケートやインタビューを実施し、具体的なニーズと課題を把握する。
  • 得られたデータを基に、共感を引き出す文章を作成する。

3. あなたの強みと価値の明確化

ステップ3

  • 自己分析やフィードバックを元に、あなたの強みと独自性を洗い出す。
  • その強みを一言で表現するUSPを作成する。

4. 成果や実績の収集と提示

ステップ4

  • 過去のお客さんからの声や成功事例を集める。
  • 具体的なデータやエビデンスを使って成果を示すセクションを作成する。

5. サービスや製品の詳細説明

ステップ5

  • 提供するサービスや製品の詳細をシンプルに説明するテキストを作成する。
  • 視覚的に理解しやすいビジュアル(アイコン、画像など)を用意する。

6. 人間味のあるの紹介

ステップ6

  • チームメンバーのプロフィールや写真を集め、紹介ページを作成する。
  • 企業の設立背景や理念を文章で表現する。

7. 明確なコール・トゥ・アクションの設置

ステップ7

  • 「今すぐ問い合わせる」「無料相談を申し込む」など具体的なアクションを促すCTAボタンをデザインする。
  • 簡単に記入できる問い合わせフォームを作成する。

8. サポート情報とFAQの作成

ステップ8

  • よくある質問とその回答をまとめ、FAQセクションを作成する。
  • 電話番号やメールアドレスを明確に示し、簡単にアクセスできるようにする。

実行と最適化

  1. コンテンツの公開:全てのコンテンツをHPにアップロードし、公開します。
  2. ユーザーテスト:実際のお客さんにHPを使ってもらい、フィードバックを収集します。
  3. 改善と最適化:得られたフィードバックを基に、内容や構成を改善し、HPを最適化します。

このステップを実行することで、あなたの価値を最大限に伝え、高い成約率を実現するHPを作り上げることができます。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら