fbpx

【クリエイティブ】ショート動画活用のメリットとデメリット

Web広告の世界で、ショート動画の活用はもはや避けて通れない時代になっています。スマートフォンの普及と高速インターネット環境の整備により、ユーザーはどこにいても気軽に動画コンテンツを楽しむことができるようになりました。特に、TikTokやInstagram Reelsといったプラットフォームの登場により、ショート動画は一大ムーブメントを巻き起こしています。

「あなたの広告、誰も見ていないかもしれません」。この言葉が気になりませんか?実は、多くの企業が投入する長尺の動画広告は、視聴者の注意を引く前にスキップされてしまうことが少なくありません。

視聴者は短くてインパクトのある情報を求めており、ショート動画はその需要にぴったり応える形です。

数秒間でどれだけのインパクトを与えられるかが勝負の鍵です。

ショート動画の台頭

ショート動画の人気は急速に拡大しています。2023年にはTikTokの月間アクティブユーザー数が10億人を超え、InstagramのReels機能も利用者が急増しています。この背景には、スマートフォンの普及率の増加とともに、ユーザーが短時間でエンターテインメントや情報を消費する傾向が強まっていることが挙げられます。

本記事では、ショート動画の活用がもたらすメリットを詳細に解説していきます。視聴者のエンゲージメントを高める方法や、低コストで高い効果を得るためのテクニック、ターゲットオーディエンスにリーチするための戦略など、ショート動画を最大限に活用するための知識を提供します。

さらに、その裏に潜むデメリットについても触れ、より戦略的にショート動画を活用するための方法を探ります。

このように、ショート動画は企業やマーケティング担当者にとって強力なツールとなる一方で、成功のためにはいくつかの重要なポイントを押さえる必要があります。これから、その詳細を一緒に見ていきましょう。

メリット1:視聴者のエンゲージメント向上

ショート動画は視聴者のエンゲージメントを向上させる強力なツールです。

まず、短い動画はユーザーが最後まで視聴しやすく、メッセージを効果的に伝えることができます。さらに、SNSで簡単にシェアされるため、バイラル効果を生みやすいです。

例えば、TikTokのユーザーは15秒から60秒の短い動画を日常的に視聴し、共有することが習慣化しています。このような視聴習慣を活かすことで、広告やブランドメッセージが広範囲に拡散される可能性が高まります。

また、短い動画はスキップされにくく、視聴者の注意を引きやすいため、エンゲージメント率が高くなります。

メリット2:コスト効率が高い

ショート動画の制作は比較的低コストで済みます。

長編動画に比べて撮影・編集にかかる時間が短く、スマートフォンや手軽なカメラで撮影できるため、プロフェッショナルな機材や大規模なスタッフを必要としません。

そのため、限られた予算でも高品質なコンテンツを作成することが可能です。さらに、広告コストも低く抑えられるため、少ない予算で多くの人にリーチすることができます。

これにより、中小企業や個人事業主でも手軽にマーケティング活動を行うことができ、費用対効果の高いプロモーションが実現します。

メリット3:多様なコンテンツが可能

ショート動画は、その短さ故に多様なコンテンツ形式を試すことができます。

クリエイティブな表現方法が求められるため、ユニークなコンテンツを作りやすいです。例えば、プロダクトデモ、ユーザー生成コンテンツ、Q&Aセッション、舞台裏の様子など、様々な形式のコンテンツを簡単に試せます。

トレンドに敏感なSNSユーザーに向けて、タイムリーなテーマや話題を取り入れた動画を迅速に作成・投稿することができるのも大きな利点です。

これにより、常に新鮮で魅力的なコンテンツを提供し続けることが可能です。

メリット4:ターゲットオーディエンスへのリーチ

ショート動画は、特に若年層の取り込みに効果的です。

TikTokやInstagram Reelsなどのプラットフォームは若年層に人気があり、これらのプラットフォームで広告を展開することで、若い世代に効果的にアプローチできます。

また、ショート動画を好むユーザーは一般的にエンゲージメントが高く、コメントやシェアを積極的に行う傾向があります。

これにより、ブランドの認知度や信頼性が向上し、ターゲットオーディエンスとの強い結びつきを築くことができます。

デメリット1:メッセージの限界

ショート動画には情報量の制約があり、複雑なメッセージや詳細な説明を伝えるのが難しいです。限られた時間内で必要な情報をすべて伝えようとすると、内容が詰め込みすぎて視聴者にとって分かりにくくなる可能性があります。

さらに、メッセージが短いために誤解を招くリスクもあります。たとえば、製品の特徴や使用方法を十分に説明できない場合、視聴者に誤った印象を与えてしまうことがあります。

このため、ショート動画ではシンプルかつ明確なメッセージを心掛ける必要があります。

デメリット2:制作の難易度

ショート動画の制作は一見簡単そうに見えますが、実際には高いクリエイティビティと計画性が求められます。

短い時間内で視聴者の興味を引き、記憶に残るようなインパクトのあるコンテンツを作成するのは容易ではありません。さらに、頻繁に新しいコンテンツを提供し続ける必要があり、そのためのアイデアやリソースを絶えず確保しなければなりません。

これにより、特にリソースが限られている中小企業や個人事業主にとっては、継続的なコンテンツ制作が大きな負担となることがあります。

デメリット3:プラットフォーム依存

ショート動画の効果はプラットフォームに依存することが多く、それぞれのプラットフォームの特性やアルゴリズムに合わせた最適化が必要です。

例えば、TikTokとInstagram Reelsではユーザー層や視聴習慣が異なるため、それぞれに合ったコンテンツを作成しなければなりません。

さらに、プラットフォームのアルゴリズムが頻繁に変更されるため、突然リーチが減少するリスクがあります。これにより、安定した成果を得るためには、常にプラットフォームの動向を注視し、迅速に対応する必要があります。

デメリット4:競争の激化

ショート動画の人気が高まるにつれて、競争が激化しています。

多くのブランドやクリエイターがショート動画市場に参入し、目立つためにはよりクリエイティブで高品質なコンテンツが求められます。視聴者の関心を引くためには、新しいアイデアやトレンドに敏感でなければならず、常に競合と差別化を図る必要があります。

さらに、ショート動画は視聴者の飽きが早いため、常に新鮮で魅力的なコンテンツを提供し続けることが求められます。これにより、リソースやアイデアの枯渇が懸念されることがあります。

まとめ

ショート動画は、視聴者のエンゲージメントを高め、コスト効率も高いマーケティング手法です。

しかし、その効果を最大化するためには、メッセージの明確さや継続的な更新、プラットフォームごとの特性に合わせた戦略が必要です。メリットとデメリットを理解し、適切に活用することで、ショート動画を通じた効果的なマーケティングを実現することができます。

ショート動画の特性を活かし、ターゲットオーディエンスにリーチし、ブランドの認知度やエンゲージメントを向上させることが成功への鍵となります。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら