感動を素直に表現

あなたしか撮れない写真

感動を素直に表現

カメラを持ったら、何でもいいから感じたものを取っていくと言うものも、上達の1つの方法だと思います。常にとっていくと言うことで、情景描写の腕が上がっていきます。しかも撮ったものは、将来、見返したときに、情景や時代がよみがえってきます。

教科書やカメラの雑誌は、多様な写真表現を学ぶ上では勉強になる。また、各種の写真クラブに入会をし、お互いに学ぶことも刺激にすごくなりますし、メーカーのクラブに入ると多くの特典や情報もあって大変役立ちます。

その上で自分の意思で、何かを取ろう、被写体から何かを引き出したい、被写体から何かを学びとってやろうと言う姿勢があればおのずと上手になっていきます。好きなことこそ物の上手なれ、と言う訳です。

風景を撮るといっても、風景にも喜怒哀楽があるので、その喜怒哀楽を表現しなければ、写真を撮ったことにならない。雨ならばしっとりと情感のある風景が撮れますし、また怒っているいる風景だってあります。静かな安らぎの風景もあります。台風が近づいた時、海辺の岩にぶつかる波浪などはすごい風景だと思いませんか。まさに怒れる自然なんです。

そういう風景を撮ろうと思えば撮れますよね。

この波はすごい、と思ったら、その凄さを表現してほしい。そーゆー壮絶な風景にぶつかると言うものも、カメラを持つ者にとっては幸運と言ってもいいわけです。ただ危険を伴うので十分に注意が必要ですね。

だから私は、自分の感動を素直に表現しなさい、と指導している生徒さんに常に言っています。

また、例えば富士山を取るとしても、取り方は無限にあります。取り方によっては、実に感動的な風景描写ができます。

富士山と桜に対しては、日本人に独特な美意識があります。それを土台に自分の心に映る日をとらえると良いでしょう。

多くの人が1カ所に集中し、同じ被写体を狙う場合があります。その中にも自分の独自の映像美を求めて写し取ることが大切なんです。

またただ美しい、と言う概念を壊しても良いと思います。壮絶な荒々しい富士山でも、とってみるのもいいし、要するに、自分の解釈で別の富士山を訴えることもできると言うことです。その場合主題をはっきり持つこと、何を表現しようとしているのかを明確にすることが大切なんです。

 

今すぐ写真教室を無料体験してみよう!
14日間で写真家の売上アップを実現する講座をプレゼント

写真家が売上を上げるための方法を丁寧にわかりやすくお伝えしていきます。
単に売上を上げるための小手先のテクニックや一時的にしか使えない内容ではありません。

LINEでお友達になる

関連記事一覧