fbpx

【脳の計算機能】手の動作の関係足し算は右手、引き算は左手と関連している!?

「トランプを小さい数字から大きい順に並べてください」と言われたとき、ほとんどの人は左から右へ、小さい数字から大きい数字へと並べますよね。

これは、私たちの脳が無意識のうちに数を数直線上に並べる「メンタルナンバーライン」を使っているからなんです。このメンタルナンバーラインがあるおかげで、私たちは数を直感的に理解しやすくなっているんですよ。

メンタルナンバーラインとは?

メンタルナンバーライン(Mental Number Line)は、私たちが数を視覚的に心の中で並べる方法を指します。一般的に、人は小さい数を左側に、大きい数を右側に並べる傾向があります。これは無意識のうちに行われ、数を直線状に配置することで数の比較や計算がしやすくなるとされています。

東北大学の画期的な研究

最近、東北大学の研究チームがすごい発見をしました。サルの脳で足し算と引き算に関連する細胞を見つけたんです。研究によると、サルが足し算をしているときには右手の動作に関連する神経活動が、引き算をしているときには左手の動作に関連する神経活動が強くなることがわかりました。

この発見は、脳がどのように計算をしているのかを理解するために非常に重要なんです。つまり、脳の計算プロセスが手の動作と密接に関連していることを示しています。

脳の再利用の可能性

さらに興味深いのは、脳には計算専用の細胞があるわけではなく、手の運動を制御する細胞を再利用して計算を実行している可能性があるということです。

例えば、幼児が指を使って数を数える行為や、多くの人が右利きであることと足し算が得意であることは、この理論の通りです。

このように、脳の特定の部分が複数の役割を果たしていることは、脳の効率的な機能分担を理解する上で非常に重要なんです。

教育への応用

この研究結果は教育分野にも大きな影響を与える可能性があります。この発見を基にして、新しい数学の学習法を導入できると期待しています。

例えば、左右の手の動作を取り入れた運動が計算力を向上させる可能性があります。

これは、運動と学習が相互に関連しているという他の研究結果とも一致しています。新しい学習アプローチは、特に子どもたちの教育において、数学的な概念の理解を深めるための効果的な手段となります。

新しい学習法の可能性

将来的には、計算力を伸ばすための新しい学習法が開発されるかもしれません。たとえば、左右の手を使った特定の運動を組み合わせた計算練習などが考えられます。

これにより、計算の学習がより直感的で効果的になる可能性があります。新しい学習法の導入は、学習者のモチベーションを高め、より楽しく効果的な学習体験を提供することができるでしょう。

まとめ

東北大学の研究は、脳の機能と手の動作の関連性を解明する上で重要な一歩です。この発見を基にして、新しい教育法が開発されることで、私たちの計算力や学習能力が大きく向上する可能性があります。子どもの脳と手の動きを連動させることで、より効果的な学習が期待できるのです。これからの教育において、この研究結果をどのように活用していくかが鍵となるでしょう。

参考

サルの脳に足し算、引き算細胞を発見

北大学の研究チームがサルの脳で足し算と引き算に関与する細胞を発見しました。これらの細胞は手の動作にも関連しており、足し算細胞は右手、引き算細胞は左手の動作と関係しています。この発見は、脳が手の運動を制御する細胞を再利用して計算を行うことを示唆しており、教育分野への応用が期待されています。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら