fbpx

知り合いよりも初対面のほうが脳の同期が密になる理由

恋人同士や家族、友人同士がコミュニケーションをとるとき、私たちの脳波は同期することがわかっています。しかし、最近の研究は、はじめて出会う同士のほうが脳波の同期がより密になるという新たな発見を示しています。この発見は、私たちがどのように新しい関係を築くか、またその過程で脳がどのように働くかを理解する上で非常に重要です。

早稲田大学の研究チームは、協調動作課題(2人が交互に指を使ってリズムを刻む協力課題)を通じて、知り合い同士と初対面同士の脳波を比較しました。これにより、初対面のペアがより密な脳波同期を示すことが確認されました 。この研究の背景には、新しい関係を築く際の脳の働きを理解することが、社会的なつながりの強化やコミュニケーションの改善に役立つという期待があります。

なぜ初対面のほうが脳波の同期が密になるのか

積極的な関係構築の姿勢

初対面の相手に対して、私たちは普段以上に注意深く、相手の反応を観察しながらコミュニケーションをとる傾向があります。これには、相手に良い印象を与えたいという強い意識が働いているためです。研究者は、「初対面同士のほうが、より積極的に新たな関係性を作ろうとするため、より脳活動の同期が起こった」と述べています 。

脳の活性化と同期のメカニズム

初対面の人と接するとき、私たちの脳は新しい情報を処理し、迅速に対応するために活発に働きます。この過程で、相手の言動や表情に細かく注意を払うため、脳の複数の領域が連携して働くことになります。この連携が、脳波の同期を強化する要因となります。実際の実験結果でも、初対面ペアのほうが脳波同期ネットワークが密であることが確認されています 。

社会的なつながりと脳波同期の関係

従来の研究では、恋人同士や親子など、社会的なつながりが強い関係にある2者間の脳波同期が注目されてきました。しかし、この新しい研究は、社会的なつながりの強さと脳波同期の強さが必ずしも比例しないことを示唆しています。これは、初対面の相手に対して脳がより積極的に働くことが、脳波同期を強化するためです。

ビジネスや教育現場への応用

この発見は、ビジネスや教育の現場で新しいコミュニケーション方法を模索する上で非常に有益です。例えば、新しい職場やビジネスパートナーとの初対面の会話では、緊張感とともに、相手に良い印象を与えようとする意識が働きます。このとき、私たちは普段以上に言葉を選び、相手の反応を細かく観察します。これが脳の活性化を促し、相手との脳波の同期を強化するのです。

まとめ

初対面の相手とのコミュニケーションは、脳の同期を強化し、新しい関係を築くための強力な手段です。この研究結果は、私たちが新しい出会いを積極的に受け入れ、その機会を大切にすることの重要性を教えてくれます。初対面の相手との会話を通じて、より密な脳の同期を生み出し、新たな関係を築く力を引き出すことができるのです。

参考

社会的なつながりの強さと脳波の密な関係を発見

初対面ペアの方が知り合いペアより脳波の同期が高いことが判明しました。これは、初対面の相手を理解するためにお互いに気を配るためと考えられます。この知見は、自閉スペクトラム症など対人インタラクションが苦手な人々への新たなアプローチの可能性を示し、臨床や産業への応用が期待されます。研究は、早稲田大学の栗原勇人助教、大須理英子教授、髙橋徹招聘研究員によって行われました。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら