fbpx

今流行りの「ありのままの自分を出そう」「自分らしさを出そう」「憧れられる発信をしよう」では結果が出ない理由

最近の起業ブームやSNS集客ブームに乗って、「あなたらしさを発信すればファンがつく」という考え方が広まっています。しかし、いくら頑張っても「自分らしさ」を出すだけでは集客ができず、むしろ「自分らしさ」難民が続出しているのが現状です。では、なぜ結果が出ないのでしょうか?

「ありのままの自分を出そう」の限界

「ありのままの自分を出そう」というアドバイスは、自己表現の自由を重視する現代において非常に魅力的に聞こえます。しかし、それだけでは集客に繋がらない理由があります。

  1. 市場のニーズと一致しない: 自分らしさを出すことは大切ですが、それが市場のニーズと一致しなければ意味がありません。例えば、自分の趣味や日常のつぶやきがターゲット層に響かない場合、いくら「自分らしさ」を強調しても共感を得られないのです。
  2. 価値提供が不足する: フォロワーが求めているのは、彼らの問題を解決する情報や役立つコンテンツです。自己満足のための発信では、フォロワーにとって価値が薄く、結果的にファンがつきにくくなります。

「自分らしさ」を武器にする正しい使い方

では、「自分らしさ」をどのように活かせば集客に繋がるのでしょうか?

  1. 市場調査を徹底する: まずはターゲット層がどんな情報を求めているのか、どんなコンテンツに反応するのかを徹底的に調査します。市場のニーズを理解することで、自分らしさを活かした発信が可能になります。
  2. 価値提供を重視する: 自分らしさを出すだけでなく、フォロワーにとって有益な情報を提供することが大切です。例えば、あなたの専門知識や経験を活かして、フォロワーの役に立つアドバイスやノウハウを発信することで、信頼を築くことができます。
  3. ストーリーテリングを活用する: 自分の経験や失敗談を交えながら、ストーリーテリングを取り入れることで、フォロワーに親しみを持たせつつ価値を提供できます。自分らしさを自然に表現しながら、共感を呼び起こすことができるため、フォロワーの心に響きやすくなります。
  4. フィードバックを活かす: フォロワーからのフィードバックを積極的に取り入れ、発信内容を改善していきます。フォロワーの意見を反映することで、自分らしさを保ちながらも、より多くの人に支持されるコンテンツを作り上げることができます。

「自分らしさ」を活かして集客に成功するためには、市場のニーズに応じた価値提供が不可欠です。自己満足で終わるのではなく、フォロワーにとって本当に役立つ情報を発信することで、「自分らしさ」を真の武器に変えることができるのです。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら