fbpx

検索キーワードに頼らないウェブ集客。つまり共感と個性を武器に戦う時代

検索キーワードを捨てるという選択肢を持つこと、これって実は今のウェブ集客にはかなり重要なことなんです。

以前は検索キーワードが集客の要でしたが、今はそうとは限りません。

まず、ソーシャルメディアの台頭がありますよね。Facebook、Twitter(X)、InstagramといったSNSでは、キーワードよりも「共感」や「親しみやすさ」、「個性」が重要視されています。これらの要素がユーザーとの関係を深め、ブランドの認知度を上げる効果があるんです。

そして、ウェブからの集客経路は「検索エンジン」だけではありません。検索キーワードに依存しすぎると、SEO一本やりの思考に陥って、他の効果的な集客方法を見逃してしまいます。

検索エンジンだけで集客している企業はごく少数

多くの成功している企業は、SNSや動画コンテンツ、メールマーケティングなど、多様な手段を活用しています。

ブログ記事も重要な役割を果たします。ブログは、Facebookでシェアしたり、Twitter(X)でコミュニケーションを生んだり、YouTube動画のスクリプトとして使ったり、広告として出すこともできます。SEO以外でも、ブログ記事の活用方法はたくさんあるんです。

経営者にとって、検索キーワードを捨てることは大きな利点です。検索キーワードを重視した「量」の勝負では、大企業には太刀打ちできませんが、「共感」「親しみやすさ」「個性」の勝負なら、スモールビジネスの方が有利なんです。このような勝負の場では、スモールビジネスの「弱み」が「強み」に変わるんです。

今の商売で重要なのは、キーワード選定スキルといった小手先のテクニックではなく、「共感」や「親しみやすさ」、「個性」を伝えることができる「本物」の情報発信力です。スモールビジネスに必要な情報発信力として、「書く力」と「話す力」があります。

特に「書く力」は考える力でもあり、情報を整理して、効果的に伝える能力という事。

「書く力」と「話す力」で情報発信力を強化

「書く力」を身につけるには、小手先の技術に頼らず、実際に「書くこと」が一番です。実際に書いてみることで、自分の考えを整理し、効果的に伝える力を養うことができます。

まとめ|多様な集客方法でビジネスを成長させよう

検索エンジン(SEO)からの集客で検索キーワードが大切なことは変わりませんが、それだけに頼らない集客方法を持つことが重要です。

ウェブからの集客方法はたくさんあります。SEOだけで集客しているところはごく少数であり、多様な集客手段を活用することが成功への鍵となります。こうした現実を頭に入れて、柔軟な集客戦略を立てることをおすすめします。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら