fbpx

LINE・メールを仕組み化し半永久的に自動配信する方法

LINEやメールは仕組み化することで、あなたが設定したものが半永久的に自動配信され続けます(ステップメール)。ここでは、LINE公式アカウントとBenchmarkの2つのサービスを用いた具体的な方法について解説します。

なぜ仕組み化が重要なのか?

1. 時間の節約

手動でメールやメッセージを送信するのは非常に時間がかかります。仕組み化することで、あなたは一度設定するだけで、その後は自動的にメッセージが配信されます。

これにより、他の重要なビジネス活動に時間を割くことができます。

2. 一貫性の確保

手動でのメッセージ配信では、一貫性を保つのが難しい場合があります。

しかし、仕組み化されたステップメールなら、同じメッセージを全ての見込み客に届けることができ、ブランディングやメッセージの統一性が保たれます。

3. 顧客に合わせたメッセージ

LINE公式アカウントやBenchmarkを使用すると、見込み客の行動に基づいてパーソナライズされたメッセージを送信できます。これによって、一人ひとりに合ったタイミングで、最適な情報を提供することが可能になります。

LINE公式アカウントの使い方

1. アカウントの作成と設定

まず、LINE公式アカウントを作成し、基本的な情報を設定します。これには、ビジネスの名前、プロフィール画像、紹介文などが含まれます。

2. ステップメールの作成

次に、ステップメールを作成します。これは、見込み客があなたのアカウントをフォローした際に自動で送信される一連のメッセージです。

例えば、初日のウェルカムメッセージ、2日目のプロモーション情報、3日目の価値あるコンテンツなど、計画的に設定します。

3. 自動応答設定

LINE公式アカウントでは、自動応答機能を設定できます。これにより、見込み客からの問い合わせや特定のキーワードに対して自動的に応答することができます。

これもまた、時間の節約と顧客満足度の向上につながります。

Benchmarkの使い方

1. アカウントの作成とインポート

Benchmarkにサインアップし、顧客リストをインポートします。これには、お客さんの名前やメールアドレスなどの基本的な情報が含まれます。

2. ステップメールのデザイン

Benchmarkでは、ドラッグ&ドロップエディターを使って簡単にステップメールをデザインできます。テンプレートを利用して、プロフェッショナルな見た目のメールを作成し、メッセージの内容を記入します。

3. 自動配信の設定

次に、ステップメールの自動配信を設定します。これは、お客さんがリストに追加されたタイミングや特定の行動(例えば、リンクをクリックしたとき)に基づいてメールを送信する機能です。

ステップメールの重要性とその理由

見込み客の育成

ステップメールは、見込み客を育成するための強力なツールです。例えば、新しい製品やサービスを紹介する際に、ステップメールを使ってその価値や使用方法を段階的に説明することができます。

これにより、見込み客はあなたのビジネスや製品について深く理解し、信頼感が生まれます。

継続的なエンゲージメント

ステップメールは、見込み客や既存顧客との継続的なエンゲージメントを保つのに役立ちます。定期的に有益な情報を提供することで、お客さんはあなたのビジネスに対する興味を維持し続けます。

これが長期的な関係構築につながり、リピーターやファンを増やす効果があります。

効率的なマーケティング

自動化されたステップメールは、効率的なマーケティング手法の一つです。手動でのフォローアップやリマインダー送信の手間を省き、効率的に大量の見込み客にアプローチすることができます。

これにより、マーケティング活動のスケールアップが可能となります。

まとめ

LINE公式アカウントとBenchmarkを活用してステップメールを仕組み化することで、時間の節約、一貫性の確保、パーソナライズの向上が図れます。さらに、見込み客の育成、継続的なエンゲージメント、効率的なマーケティングを実現するための強力なツールとなります。

これらの方法を実践し、あなたのビジネスの成長を加速させましょう。

ベイビーステップ

ステップメールはマーケティングファネルの多くの段階で活用できますが、特に次の3つの部分で大きな効果を発揮します。

1. 見込み客の獲得(リードジェネレーション)

ここでは、ステップメールを使って新しい見込み客を獲得するための初期接触を行います。

例えば、ウェブサイト訪問者が無料のチェックリストやガイドをダウンロードする際に、メールアドレスを登録してもらい、その後、ステップメールで定期的に関連情報や有益なコンテンツを提供します。

この段階で重要なのは、見込み客に価値を提供し、信頼を築くことです。

2. 見込み客の育成(リードナーチャリング)

リードナーチャリングの段階では、見込み客があなたの製品やサービスについてもっと知りたくなるように情報を提供します。ステップメールを使って、商品やサービスの詳細な説明、導入事例、お客さんの声、Q&Aなどを段階的に送ります。

このプロセスを通じて、見込み客はあなたの商品やサービスに対する理解を深め、購入への興味を高めます。

3. コンバージョン(成約)

コンバージョンの段階では、見込み客を実際の顧客に変えることが目的です。ステップメールを使って、購入を促すための特典や限定オファーを提供します。例えば、期間限定の割引やフロントエンド(集客用商品)を提供することで、購入のハードルを下げます。

また、購入後のサポート情報や、追加の商品・サービスの案内もこの段階で行うことで、顧客満足度を高め、リピーターを育成します。

具体的な活用方法

見込み客の獲得

  1. 無料オファーの提供:チェックリストやeBookなどの無料オファーを作成し、ダウンロードページでメールアドレスを登録してもらう。
  2. ウェルカムメール:登録直後にウェルカムメールを送信し、オファーを提供し、次のステップの期待感を高める。

見込み客の育成

  1. 価値あるコンテンツの提: 商品の使い方や成功事例を紹介するメールを順次送信。
  2. 教育コンテンツ:お客さんの課題を解決する方法や業界のトレンド情報を提供。

コンバージョン

  1. 特典オファー:購入を促すための割引や限定オファーを提供するメールを送信。
  2. 購買後フォローアップ:購入後にサポート情報や追加オファーを送信し、顧客満足度を向上させる。

ステップメールをうまく活用することで、マーケティングファネルの各段階で効果的に顧客との関係を築き、ビジネスの成長を促進することができます。

ステップバイステップ

セールス用ランディングページの要素を活用して、ステップメールを作成してみましょう。

セールス用ランディングページの要素

1. ヒーローセクション

キャッチコピー

  • 【キャッチコピー】で、お客さんの心を鷲掴み!
    • 「〇〇で、〇〇を叶えよう!」
    • 「もう、〇〇に悩まされない!」
    • 「〇〇が、あなたの生活を劇的に変える!」

説明文:

  • 商品・サービスの概要を簡潔に説明します。
    • 「〇〇は、〇〇を実現するサービスです」
    • 「〇〇は、〇〇な方におすすめです」
    • 「〇〇は、業界初の〇〇な機能を搭載しています」

CTA(Call to Action):

  • お客さんに行動を促すボタンを設置します。
    • 「今すぐ購入!」
    • 「無料トライアルを試す!」
    • 「資料請求はこちら!」

2. ベネフィットセクション

サブタイトル:

  • 「〇〇で得られる3つのメリット」
  • 「〇〇で叶う、あなたの理想の未来」

箇条書き:

  • 商品・サービスの具体的なメリットを3つ以上挙げます。
  • 例:
    • 「メリット1:〇〇」
    • 「メリット2:〇〇」
    • 「メリット3:〇〇」

説明:

  • 各メリットの詳細を説明します。
  • 顧客がどのようにメリットを享受できるのかを具体的に示します。

3. 商品・サービス説明セクション

サブタイトル:

  • 「〇〇の機能・仕様」
  • 「〇〇でできること」

説明:

  • 商品・サービスの機能や仕様を詳細に説明します。
  • 画像や動画などを活用して、説明を分かりやすくします。
  • 顧客のニーズや課題に合わせた説明を心がけます。

4. FAQセクション

サブタイトル:

  • 「よくある質問」
  • 「購入前に知っておきたいこと」

質問と回答:

  • 顧客が抱きやすい疑問をリストアップし、それぞれに回答します。
  • 簡潔かつ分かりやすく回答します。
  • 関連する商品・サービスへのリンクなどを追加します。

5. お客様の声セクション

サブタイトル:

  • 「お客様の声」
  • 「〇〇をご利用いただいたお客様の声」

お客様の声:

  • 実際に商品・サービスを利用したお客様の声を掲載します。
  • 氏名年齢職業などを記載します。
  • 顧客の満足度が伝わるような内容を選びます。

6. CTAセクション

サブタイトル:

  • 「今すぐ始めよう!」
  • 「〇〇を手に入れる!」

CTA(Call to Action):

  • お客さんに行動を促すボタンを設置します。
  • ヒーローセクションとは異なるCTAを設定することも有効です。
  • 期間限定キャンペーンなどをアピールするのも効果的です。

7. フッターセクション

企業情報:

  • 会社名住所電話番号メールアドレスなどを記載します。
  • ロゴなどを掲載するのも効果的です。

お問い合わせ先:

  • 問い合わせフォームへのリンクを設置します。
  • メールアドレス電話番号などを記載します。

プライバシーポリシー:

  • プライバシーポリシーへのリンクを設置します。
  • 個人情報の取り扱いについて、明確に説明します。

SNS:

  • SNSのアイコンを設置します。
  • お客さんとの接点を増やします。

上記はあくまでも例であり、ターゲットや商品・サービスに合わせて内容を調整する必要があります。

重要なのは、お客さんにとって有益な情報を提供し、購買意欲を高めるような構成にすることです。

ステップメールでセールス用ランディングページの要素を順番に送るイメージで作成してみましょう。

ステップメールの要素(7日間)

ランディングページ(LP)の要素をステップメールで分割配信することで、以下のメリットがあります。

  • お客さんの理解度を高め、購買意欲を高めるお客さんは、長い文章を読むよりも、短くて分かりやすい文章の方が読みやすく、理解しやすいです。ステップメールで要素を分割配信することで、お客さんは各要素にじっくりと向き合い、理解を深めることができます。
  • お客さんの興味関心を維持:長文のメールは、途中で読むのを止めてしまう可能性があります。ステップメールで要素を分割配信することで、お客さんは飽きることなく最後まで読むことができます。
  • 適切なタイミングでアプローチお客さんは、購入を検討する段階で様々な情報を求めます。ステップメールで要素を分割配信することで、お客さんのニーズに合わせた情報を適切なタイミングで提供することができます。

ステップメールでLPの要素を分割配信する場合、以下の点に注意する必要があります。

  • 各ステップメールのテーマを明確にする:各ステップメールで何を伝えたいのかを明確にし、お客さんに分かりやすく伝えるようにしましょう。
  • お客さんの興味関心を高めるお客さんの興味関心を高めるような、魅力的なコンテンツを作成しましょう。
  • 行動を促すお客さんに行動を起こさせるような、CTA(Call to Action)を明確に設けましょう。

具体的な配信スケジュールとしては、以下の例が挙げられます。

1日目:ようこそ!

  • ランディングページ(LP)のトップページを配信する。
  • 顧客の興味関心を高めるような、魅力的なコンテンツを作成する。
  • CTA:詳細を見る

2日目:〇〇の魅力

  • ランディングページ(LP)の「〇〇の魅力」セクションを配信する。
  • 〇〇の魅力を具体的に説明する。
  • CTA:詳細を見る

3日目:〇〇の活用事例

  • ランディングページ(LP)の「〇〇の活用事例」セクションを配信する。
  • 実際に〇〇を利用したお客様の声を紹介する。
  • CTA:詳細を見る

4日目:期間限定キャンペーン

  • ランディングページ(LP)の「期間限定キャンペーン」セクションを配信する。
  • 期間限定キャンペーンの内容をアピールする。
  • CTA:今すぐ購入

5日目:よくある質問

  • ランディングページ(LP)の「よくある質問」セクションを配信する。
  • 顧客の不安を解消するような情報を提供する。
  • CTA:詳細を見る

6日目:お客様の声

  • ランディングページ(LP)の「お客様の声」セクションを配信する。
  • 実際に〇〇を購入したお客様の声を紹介する。
  • CTA:詳細を見る

7日目:今すぐ始めよう!

  • ランディングページ(LP)の「今すぐ始めよう!」セクションを配信する。
  • 購入方法を案内する。
  • CTA:今すぐ購入

上記のスケジュールはあくまでも一例であり、ターゲットや商品・サービスに合わせて調整する必要があります。

ステップメールでランディングページ(LP)の要素を分割配信することで、顧客の理解度を高め、購買意欲を高めることができます。ぜひ、今回紹介した方法を参考に、効果的なステップメール配信を行ってください!

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら