写真力というもの

あなたしか撮れない写真

写真力というもの

人はなぜ写真を撮りたがるのかというと、写真の持っているひとつの力というか、写真力。こういったものがあるからだと私は思います。

写真というものは、例えば10年前、20年前、50年前、100年前に撮られた写真を見ても、写された当時の情景が蘇ってくるのは、誰でも経験した事があると思います。

特に自分が覚えている場面、例えば自分の子供の頃の写真を見ると、その時の情景のみではなく、周囲の事柄までふわっと頭に浮かんできますよね。そういった力が写真にはあります。絵画とかもそうだと思いますが、写真は記憶としてのリアリティーがあります。

セピア色に変色した私たちの知らない写真を見たとしても幕の情景が目の前に現れてきます。

そういった力が写真にはあります。「写真力」と言えば良いかわかりませんが、1種の力があります。

だから、記念写真であっても、自分がきれいに取ろうと思えば自分の思い通りにとっておけばいいんです。それを10年後に見たとき、自分はこの時、こんな気持ちでとっていたよなと言うことが伝わってきます。自分の存在がよみがえってくるんですよね。

人が写真を撮るのは、本能みたいなものだと思います。人が洋服を着るのと同じようなものです。

寒さや暑さの他に好きなものを身に付けて歩きたいと言う欲望によって、洋服を着ていますよね、本能のようなものです。

人に写真を撮らせるのも、記録に残しておきたいと言う本能的なものがそれを欲しいと思うからだと私はいつも感じています。これは本能が自然に撮影という行為をさせているんです。

本能が写真を撮らせると言うのは、先程言った写真力があるからです。きれいに取ろうと言う意識が生まれるのは、当然良い写真を作りたいと言うことです。だから写真の持つ力と言うのは、将来に蘇る、蘇りと同時にその時の自分自身の心の表現でもありますね。

自分を表現したいと言う欲望も、写真を撮ると言う行為につながるからだと思います。自己表現を言葉で伝えるのが、小説だとすれば、カメラで表現するのが写真だと言う事になります。

写真には、先程言った記録と想像の2つの面があります。写真のリアリズムは将来の蘇り、再生させるための記念として残しておく面でもあり、写真のアート的な面は自己表現と言う想像の部分です。

そういった2つのものを伝えていくのが、写真の力です。私は常に写真で自己表現をして、記録として自己存在を残してくださいねと言うようにしています。

今すぐ写真教室を無料体験してみよう!
14日間で写真家の売上アップを実現する講座をプレゼント

写真家が売上を上げるための方法を丁寧にわかりやすくお伝えしていきます。
単に売上を上げるための小手先のテクニックや一時的にしか使えない内容ではありません。

LINEでお友達になる

関連記事一覧