fbpx
無料会員になる

【会社設立時の定款の事業目的一覧と注意点】違反した場合の罰則は?

会社設立
目的別のランディングページ作ってますか?

ホームページにはたくさんの情報がありすぎて、検索でアクセスしにきても、ただの1アクセスにしかなりません。アクセスをお客さんに変えよう。

どうも、いわさきです。

会社設立時の定款の事業目的を決めるときって、悩みますよね。

「自分の事業は、どうすれば良いのだろう?」

今回は、「会社設立時の定款の事業目的一覧と注意点と違反した場合の罰則」をご紹介します。

定款の事業目的一覧

定款の事業目的一覧を、まとめてくれているページやサイトがあります。

  1. 【事業目的】業種別の具体的な書き方や記載のルールとは?
  2. 会社設立時の事業目的の書き方を業種別に解説|記載例一覧付き
  3. 事業目的一覧

定款の事業目的は、こういったページやサイトを参考にすると良いでしょう。

定款の事業目的の注意点と違反した場合の罰則

定款の事業目的を決める際には、いくつかの注意点があります。

また、もし違反した場合は、どうなるのか気になりますね。

  1. 定款に記載した目的に違反した場合、罰則はあるのか
  2. 定款に記載した目的以外の事業を営める?事業目的の正しい書き方
  3. 定款の事業目的に違反した場合のペナルティ(罰則)について

などを、参考にすると良いでしょう。

不安なら専門家に相談すれば良い

定款の事業目的を決める際には、「会社設立」の本などを参考にするかと思います。

それでも不安であれば、専門家に相談しましょう。

定款の事業目的についても親身になって、聞いてもらえるでしょう。

まとめ

今回は、「会社設立時の定款の事業目的一覧と注意点と違反した場合の罰則」をご紹介しました。

会社設立freee」等で、一連の作業をしてみるのも良いかもしれませんね。

参考にしてみてください。

お申し込みはこちら



テンプレートあげます

この無料テンプレートと解説動画では

●2時間でセールスレターを書く方法
●1週間で3〜5個のペースでLPをリリースする
●外注せずランディングページを自作する方法

ランディングページの攻略方法を解説します。
商売繁盛にご活用ください

会社設立
いわさき写真教室

コメント

error: Content is protected !!