fbpx

マインドセット「やればできる!」の研究

友だち追加

人間には、2つのマインドセットがあり、

自分の意思で自由に選択できるという内容です。

  • 硬直マインドセット:結果がすべて。才能や能力は変わらない。
  • しなやかマインドセット:成長がすべて。才能や能力は変わる。

つまり、

「しなやかマインドセットでいこう!」

ってことです。

ぜひ、この本を読んでみてください。

本当に名著だと思います。

昔はマンドセット嫌いだったのに…

精神論だけで語る人が本当に嫌いだったので。

でもやっぱり大事なんですよね。マインドセット。

抜粋

自分の能力は石板に刻まれたように固定的で変わらないと信じている人〜〜「硬直マインドセット=fixedmindset」の人〜〜は、自分の能力を繰り返し証明せずにいられない。知識も、人間的資質も、特性も一定で変化し得ないのだとしたら、とりあえず、人間としてまともであることを示したい。このような基本的な特性に欠陥があるなんて、自分でも思いたくないし、人からも思われたくない。

抜粋

しなやかな心の持ち方、「しなやかマインドセット=growthmindset」である。その根底のあるのは、人間の基本的資質は努力しだいで伸ばすことができるという信念だ。

抜粋

硬直マインドセットの人は、自分が他人からどう評価されるかを気にするのに対し、しなやかマインドセットの人は、自分を向上させることに関心を向ける。

抜粋

マインドセットのことがわかりはじめると、新しい世界が開けてくる。能力を固定的に捉える世界では、自分の賢さや才能を証明できれば成功、自分の価値を確認できればそれが成功だ。一方、能力は伸ばせるものと考える世界では、頑張って新しい事を習得できれば成功。自分を成長させることができればそれで成功なのだ。能力を固定的に考える世界では、つまずいたらそれでもう失敗。落第点を取る、試合に負ける、会社をクビになる、人から拒絶される〜〜そうしたことはすべて、頭が悪くて才能がない証拠だ。それに対し、能力は伸ばせると考える世界では、成長できなければ失敗。自分が大切だと思うものを追求しないこと、可能性を十分に発揮できないことこそが失敗となる。能力を固定的に見る世界では、努力は忌まわしいことである。挫折と同様に、頭が悪くて能力に欠ける証拠だからである。頭が良くて才能があれば、そもそも努力する必要などない。それに対して、能力は伸ばせると考える世界では、努力こそが人を賢く、有能にしてくれる

抜粋

どちらの世界を選ぶかは、あなたしだい。マインドセットは信念にすぎない。強いパワーを持つ信念だが、結局のところ心の持ちようであり、それを変える力はあなた自身が握っている。ぜひ本書を読みながら考えてみてほしい。あなたはどちらの世界に生きたいと思うか。そのためにはどちらのマインドセットを選べばよいだろうか。

抜粋

しなやかマインドセットの人が意気揚々としているのは、言うまでもなく、何かに全力で取り組んでいるとき。では、硬直マインドセットの人はどんな時だろう。ものごとが完全に自分の手中にあって、順調に進んでいる時である。手に負えなくなると〜〜自分を賢い、デキると感じられなくなると〜〜たちまちやる気が失せてくる。

抜粋

硬直マインドセットの人はなぜ、今すぐ完璧にできなくてはいけないと思うのだろうか。それは、一回のテストや一回の評価で自分の価値が永遠に決まってしまうと思っているからだ。

抜粋

話を元に戻すと、能力を固定したものと思っている人は、しくじってはならないという切迫感にいつも駆られている。そして成功すると、誇らしさが優越感にまで膨れ上がる。なぜなら、成功するのは固定的な能力が人よりも優れている証拠だからである。

抜粋

もちろん、硬直マインドセットの人だって、次のような教訓をたれる本を読んでいるはずだ。「成功とは自分の最善を尽くすこと。他人に勝つことにあらず」「失敗を嘆くなかれ。失敗こそチャンスなり」「努力こそ成功のカギ」〜〜ところが頭でわかっても、なかなか実行に移せないのはなぜか。それは、信念の根本にあるマインドセット〜〜硬直マインドセット〜〜がまるで正反対のことを語っているからなのだ。「成功を決するのは才能。失敗は能力が劣る証拠。努力は才能なき悪あがき」と。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事