fbpx

鏡を仕事の味方に!自分の顔がやる気の秘訣

友だち追加

デスクに鏡を置いて、自分の顔を見ることで仕事や勉強のやる気が高まる可能性があるとする研究結果が発表されました。

大阪大学大学院生命機能研究科の研究グループが行った研究によれば、20代の女性22人に対して0.025秒という短時間でサブリミナルに自分の顔を含む顔写真を表示すると、自分の顔が表示された瞬間に、脳の中でやる気を高める神経伝達物質「ドーパミン」が強く活動することが分かりました。

これまで知られていたように、人は自分の顔に素早く反応することがありますが、その脳の仕組みが世界で初めて解明されました。

ドーパミンを放出する中枢はやる気と関連が強いため、自分の顔を見ることで潜在意識に働きかけ、やる気を高める技術への応用が期待されています。

同大学の認知神経科学の専門家によれば、「自撮り写真」に対する人の認識に関する研究も進行中で、オンライン会議で自分の顔を意識的に表示させたり、仕事スペースに鏡を置いたりすることで、仕事や勉強のモチベーションが向上する可能性があるとしています。

参考:https://academic.oup.com/cercor/article/31/10/4420/6227018

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事