fbpx

SNSの効果的な活用法を飲食店で例えて理解する

SNSを活用する際、食事に例えて考えるとわかりやすいです。

多くの人が「これからこれを食べるよ」というような情報(写真)を発信しますが、実際には「食べたらどうだったか?」という感想の方が、受け手にとって重要です。

この違いが、SNSマーケティングの成功と失敗を分けるポイントとなります。

なぜ感想が重要なのか?

見込み客への教育、つまり「欲しいと思ってもらう」ためには、商品やサービスの事実を伝えるだけでは不十分です。美味しそうに見える料理の写真や商品の説明は一時的な興味を引くかもしれませんが、それだけでは購入や来店に結びつかないことが多いです。

逆に、実際に体験した後の感想やレビューは、信頼性が高く、興味関心を強く引きつけます。

実例:食事のSNS投稿

例えば、新しいレストランを紹介するとします。

「このレストランの料理は美味しそうです」という投稿よりも、「このレストランで実際に食事をしてみたら、とても美味しかった」という投稿の方が、読み手にとっては価値があります。

食事を終えた後の具体的な感想や体験談は、リアルな情報を提供し、読者に「自分も行ってみたい」と思わせる力があります。

SNS投稿のポイント

  1. 実体験を共有する
    単に商品やサービスの特徴を伝えるだけでなく、実際に使ってみた感想や結果を共有しましょう。実体験に基づいた投稿は、信頼性があり、フォロワーの共感を得やすくなります。
  2. 具体的なエピソードを交える
    具体的なエピソードやストーリーを交えることで、投稿がより親しみやすくなります。例えば、「このレストランで友達と過ごした時間がとても楽しかった」というような個人的なエピソードを加えると、読者はそのシーンを想像しやすくなります。
  3. ビジュアルコンテンツを活用する
    写真や動画などのビジュアルコンテンツを使うことで、投稿の魅力が増します。ただし、見た目だけでなく、実際に体験した内容を補完する形で使うことが大切です。
  4. フォロワーとの対話を促す
    投稿に対するコメントや質問に積極的に答えることで、フォロワーとの関係性を深めることができます。実際に感想を伝えることで、フォロワーからの反応も増え、信頼関係を築くことができます。

まとめ

SNSを効果的に活用するためには、「これからこれを食べるよ」という情報よりも、「食べたらどうだったか?」という実体験の共有が重要です。

見込み客への教育や興味関心の引きつけには、リアルで具体的な感想や体験談が非常に効果的です。これを意識して投稿することで、SNSマーケティングの効果を大いに高めることができるでしょう。

もうひとつのヒント

食べ終えた感想が大事。これはユーザー目線のメッセージになるので効果的です。

また、お客さんが撮れない写真というのも大事です。

例えば、このような写真です。

このような写真は、お客さんに提供する前の写真なので、お客さんは撮ることができません。このような特別感を演出するのも、「食べてみたい」と思える写真の一枚になります。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。