fbpx
無料会員になる

【まとめ記事の書き方】①まずはまとめてみる②あとで追記する

ブログ集客
目的別のランディングページ作ってますか?

ホームページにはたくさんの情報がありすぎて、検索でアクセスしにきても、ただの1アクセスにしかなりません。アクセスをお客さんに変えよう。

どうも、いわさきです。

最近、口臭予防のために、マウスウォッシュを買いました。

ドラッグストアで、よく知られている、

  • モンダミン
  • リステリン
  • …etc

では、ありません。

「コンクール」という、マウスウォッシュです。

なぜ今回、このマウスウォッシュを買ったのか。

買って良かった物まとめ

「買って良かった物まとめ」という記事を読んで、コンクールを買いました。

記事では、「買って良かった物」が、まとめられていました。

その中の一つに、コンクールがありました。

どうやら、コンクールは、歯医者さんがおすすめしているマウスウォッシュとの事。

まとめ記事は、ニーズがある

今回に限らず、まとめ記事というものは、人気がありますね。

いろいろなブログやメディアサイトで、まとめ記事が頻繁に更新されています。

まとめ記事だけで、一つのメディアになっているサイトもあります。

つまり、「まとめ記事は、ニーズがある」ということです。

商売の基本中の基本

商売の基本は、お客さんの欲しいものを提供すること。

もちろん、ウェブ集客でも、基本は変わりません。

まとめ記事は、間違いなくお客さんが欲しいものです。

それに、「特別なジャンルでしか、取り組むことのできないもの」ではありません。

むしろ、テーマを選ばず、実践することができます。

ネタ切れの理由

「ブログの更新が、続かないんです…」

という声を、よく聞きます。

ですが、いつも、

  1. 同じようなネタ
  2. 同じようなこと

を書いていたら、ネタ切れになってしまうのも当前です。

もっと柔軟に、考えていきましょう。

まとめ記事を書いてみよう

その選択肢の一つが、まとめ記事です。

  1. 買って良かった物まとめ
  2. ◯◯カテゴリーの記事まとめ
  3. 使っている道具・機材まとめ
  4. …etc

買って良かった物まとめ

たとえば、あなたが最近「買って良かった物」をまとめてみるのは、どうですか?

「芸能人じゃないんだから、自分の買ったものになんか、誰も興味が無いだろう。」

などと、考える必要はありません。

むしろ、いま求められているのは、そういった率直なレビューです。

◯◯カテゴリーの記事まとめ

あるいは、「◯◯カテゴリーの記事まとめ」は、どうですか?

あなたがこれまでに更新してきたブログ記事を、カテゴリーごとにまとめるのです。

お客さんにとって、分かりやすくなるのはもちろん。

自分自身にとっても、あらためて整理できる良い機会となります。

カテゴリーに限らず、さまざまな切り口で、過去記事をまとめてみましょう。

使っている道具・機材まとめ

または、あなたが普段「使っている道具や機材」を、まとめてみるのも良いかもしれません。

仕事で使う道具や機材には、誰しも少なからず愛着があるはず。

  1. どうやって、選んだのか?
  2. 何が、他の道具や機材と違うのか?
  3. 道具や機材を選ぶ、判断基準は何か?
  4. …etc

紹介してみては、どうでしょうか。

まとめ記事には、価値がない?

たまに、「まとめ記事には、価値が無い」というような意見を聞くことがあります。

ですが、そんなことはありません。

  1. 買って良かった物まとめ
  2. ◯◯カテゴリーの記事まとめ
  3. 使っている道具・機材まとめ
  4. …etc

十分に、価値があります。

あなた自身に興味がある

あなたのお客さんは、

「コンテンツはもちろん、あなた自身にも興味がある。」

と、考えているはずです。

というより、そういったお客さんとお付き合いをできるようにした方が良いです。

まとめ記事を書いてみよう

あまり、思い悩む必要はありません。

楽しんでしまえば、他のものは、後から付いてきます。

あなたも何か、まとめ記事を書くことができないか。

考えてみることを、おすすめします。

まとめ

まずは簡単な、まとめ記事で良いという事。

あとで、いくらでも追記することができます。

  1. まずは、まとめてみる
  2. あとで、追記する

ハードルは低く、ベイビーステップで、ひとつひとつ取り組んでいきましょう。

コメント

error: Content is protected !!