fbpx

「無意識化のワーキングメモリー」を活性化する方法

友だち追加

不意に必要な情報が浮かび上がる「ひらめき」は、脳の「バックグラウンド処理」によって生まれます。脳は意識的にコントロールできる範囲が狭い一方で、無意識下で情報処理を行っており、その結果がひらめきとして現れるのです。

この無意識の情報処理を担当しているのが「ワーキングメモリー(作動記憶)」です。ワーキングメモリーは情報を一時的に保持し、操作して有効に利用する役割を果たします。脳トレを通じてこのワーキングメモリーを鍛えることができます。

ワーキングメモリーを高めることで、いつでもひらめきを得る能力が向上します。速い計算や音読などの脳トレを積極的に行い、バックグラウンド処理を活性化させ、ひらめき豊かな脳を育てましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事