fbpx

脳を本気にさせる「時間管理法」

友だち追加

「どうもやる気が出ない…」「仕事が遅くて終わらない」「タスクがどんどんたまっていく!」

これらの悩み、多くの人が抱えていることでしょう。

私も同じです。

自分のイメージ通りに仕事を終わらせ、どんどん処理することができれば、生産性も高まりますが、なかなかそうはいかないのが現実です。

なぜ、仕事が予定通りに終わらないのか?

なぜ、仕事が早く処理できないのか?

それは、仕事を全力で速く処理していないからです。

「そんなのわかっている!当たり前だ!」というのは、ちょっと待ってください。

例えば、一つのタスクを始める前に、その制限時間を決めているでしょうか?

何となく初めて、終わるまでやる……という方がほとんどかと思います。

しかし、それでは「仕事を速く処理する」ことは不可能です。

なぜなら、脳は「速く処理する」というスイッチを入れることで、はじめて本気を出す性質があるからです。

例えば、「3+2」「5+4」などのごく簡単な計算をするとしましょう。これを、正誤を気にしながらひとつひとつ丁寧に行っても、脳は活性化しません。

しかし、「できる限り速く」行うと、脳内の血流は一気に増え、活性化状態になることが分かっています。脳を本気にさせるためには、「できる限り速く処理する」というスイッチが必要なのです。

そのため、ひとつのタスクを速く終わらせるためには、できる限り速く行ってどれぐらいかかるか最初にあたりをつけ、「15分以内に終わらせる」などの制限時間を設けることです。

できればタイマーを用意して実際に時間を計り、終わるまで「できる限り速く」処理することを意識して行いましょう。このとき、できる限りタスクは細分化して、長くても45分以内に設定できるようにするといいでしょう。それ以上になると、「できる限り速く」できる集中力の維持が難しくなります。

一つのタスクが終わったら5分程度、終わった仕事を見直したり、休憩したり、次のタスクの準備をして、また時間制限を設定してスピード処理をすることを繰り返します。すると、どんどん脳がスピードに乗って、仕事を処理するスピードも増していく実感が得られるでしょう。

この「時間管理法」を実践することで、脳の活性化や集中力の向上が期待できます。仕事をぼんやりと漫然と進めるのではなく、制限時間の中で全力で速く処理することで、効果的な時間の使い方が可能となります。是非、試してみてください。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事