fbpx

速音読で脳を活性化する方法

友だち追加

脳を活性化し、認知症予防に効果的な「速音読」をご紹介します。

音読は大脳の神経細胞を活性化させ、その効果が著明です。特に速音読は、文字を見て声に出し、自分の耳で聞きながら文章を速く読むことで、脳の回転速度を上げます。

オススメの題材は、リズム感があり、普段使わない語彙が多い小説の一節。例えば、夏目漱石の「坊ちゃん」や芥川龍之介の「蜘蛛の糸」が適しています。

最初は難しく感じるかもしれませんが、継続することで読むスピードが向上します。ぜひ同じ時間に続けてみてください!

脳の活性化と共に、新しい語彙やリズム感も楽しんでみてください。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事