fbpx

現代人の脳を蝕む「スマホ依存」の恐るべき真実!言語知能を低下させる恐るべきメカニズムとは?

現代社会において、私たちは常にインターネットと繋がっています。 朝起きたらSNSをチェックし、通勤時間にはニュースを読み、仕事中もメールやチャットツールでやり取りし、帰宅後は動画配信サービスでエンターテイメントを楽しむ。このような生活習慣は、もはや当たり前のように感じています。

しかし、この「スマホ依存」ともいえるインターネットの過剰使用は、私たちの脳に深刻な悪影響を及ぼしているのです。 研究によって、インターネットの過剰使用は、実行機能や注意能力の低下、衝動性の増大、そして言語知能の低下を引き起こすことが明らかになっています。

特に深刻なのが、成長期の子供たちへの影響です。 東北大学の研究では、平均18歳の224名の参加者を対象に、インターネットの使用頻度と脳の発達の関係を調査しました。その結果、インターネットを頻繁に使用するほど、言語知能と灰白質の発達が低下していることが示唆されたのです。

灰白質とは、脳の中でも特に神経細胞が多く存在する重要な部位です。 言語知能や記憶、思考などの高次機能に関与しており、発達過程において重要な役割を果たします。つまり、インターネットの過剰使用は、子供たちの脳の発達を阻害し、将来的な言語能力や知能に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

成長後の人にとっても、インターネットの過剰使用は決して良い影響を与えるものではありません。 脳は常に変化し続け、新しい情報を取り込みながら学習しています。しかし、インターネットの過剰使用によって脳が常に刺激され続けると、脳細胞が疲労し、本来の機能を果たせなくなってしまう可能性があります。

では、具体的にどのような対策が必要なのでしょうか?

  • インターネットの使用時間を制限する: 一日につき、スマホやパソコンを使用する時間を決めておく。
  • 寝る前のスマホ使用を控える: 寝る前のスマホ使用は、睡眠の質を低下させ、脳の機能を低下させる。
  • デジタルデトックスを行う: 定期的にインターネットから離れ、心身を休める時間を作る。
  • 家族で話し合う: 家族間でインターネットの使い方について話し合い、ルールを決める。

インターネットは便利なツールですが、使い方を間違えると、私たちの脳や心身に悪影響を及ぼします。 脳の健康を守るために、意識的にインターネットとの距離感を見直し、適切な付き合い方を心がけましょう。

参考資料

その他

  • マスク越しでも、相手の表情をある程度読み取ることは可能です。
  • 相手の表情だけではなく、声のトーンや話し方なども観察しましょう。
  • コミュニケーションには、言葉だけでなく、非言語的な情報も重要です。
いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。