fbpx

脳科学の歴史、機能局在の発見から70年

友だち追加

脳は我々の体の司令塔であり、複雑な機能を担当しています。この驚くべき器官がどのようにして特定の機能を果たすか、その秘密が解き明かされたのは約70年前のことでした。

ペンフィールドの電気刺激実験

カナダの脳外科医、ワイルダー・ペンフィールドは、患者の脳手術中に画期的な実験を行いました。彼は電気刺激を使って脳の特定の部位を刺激し、それが特定の運動や感覚を引き起こすことを発見しました。足を刺激すると動く、手を刺激すると手が動く―まるで脳が地図のように異なる部位に異なる機能が割り当てられているかのようでした。

脳の機能局在の地図の誕生

ペンフィールドの研究により、脳の機能局在の概念が確立されました。これにより、脳はひとつのかたまりではなく、各部位が異なる機能を担当していることが理解されました。

しかし、当時の手法は現代の倫理基準に照らして問題があります。現在では、痛みを伴わない光トポグラフィーやMRIなどの技術が利用され、脳の構造と機能を調査することが一般的になりました。

進化する脳科学の技術

現代の技術の進歩により、脳に関する研究はより精密で非侵襲的に行われています。頭痛に関しても、脳自体が痛むのではなく、頭皮や血管に由来することが理解され、私たちの脳に対する理解が深まっています。

脳科学の未知の領域を追求する旅はまだ続いていますが、これまでの進歩は私たちに脳の不思議な世界を垣間見せてくれました。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事