fbpx

書写で脳を活性化!集中力、記憶力、創造性を高める効果

友だち追加

書写とは、漢字やひらがな、カタカナなどの文字を書く行為のことです。子どもの頃から習字や書道などで馴染みのあるものですよね。

書写は、単に文字を書くだけではありません。実は、脳を活性化させる効果が期待できるのです。

書写の脳活性化効果

書写を行うことで、以下の脳の働きが活性化されます。

  • 集中力や注意力、記憶力
  • 思考力や判断力
  • 創造性や表現力

集中力や注意力、記憶力の向上

書写を行う際には、文字の形や書き順を意識して丁寧に書く必要があります。そのため、集中力や注意力が高まります。また、書写を繰り返すことで、文字の意味や読み方、書き順を記憶しやすくなります。

思考力や判断力の向上

書写を行う際には、漢字の意味や読み方、書き順などを理解する必要があります。そのため、思考力や判断力が求められます。また、字を書くことは、自分の考えや感情を表現する行為でもあります。そのため、創造性や表現力も高めることができます。

ストレス解消

書写は、手先を使うことでリラックス効果が期待できます。また、自分の好きな言葉や文章を書き写すことで、気持ちを落ち着かせることもできます。

書写の題材

書写の題材としては、短歌や俳句などの短い文章がおすすめです。短い文章であれば、集中して取り組みやすく、効果も期待できます。また、自分の好きな言葉や文章を題材にすると、書写をより楽しむことができます。

書写の始め方

書写を始める際は、以下の点に注意しましょう。

  • なるべく同じ時間に行う
  • 1日10分程度を目安に行う
  • 無理のない範囲で行う

書写は、いつでもどこでも手軽にできる脳トレです。ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください。

書写の具体的な方法

書写を行う際は、以下の手順で行いましょう。

  1. 好きな短歌や俳句など、短い文章を用意する
  2. 文章を声に出して読み、意味を理解する
  3. 書き順や文字の形を意識して書く

書写を続けることで、脳の活性化や認知症予防につながります。ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてください。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事