fbpx

ウェブ制作は自分でもできる?必要な知識を解説

友だち追加

以前、お客さんからこんな質問を受けたことがあります。

「ウェブ制作は、自分でも自作できるのですか?」答えは、現代では「ある程度可能です」ということです。

なぜ個人で自作できるのか?

自分でウェブ制作が可能な理由は、以下の2つです。

1. 便利なシステム・ウェブサービスの存在

システムの例として、WordPressが挙げられます。WordPressは、テーマと呼ばれる雛形を提供しており、ウェブサイトのデザインや構築を簡素化しています。他にも、ペライチ、BASE、STORES、Tayori、Canvaなど、多くのウェブサービスが利用可能です。

2. 必要な知識を学べばいい

ウェブ制作に必要な知識を学べば、自分で制作ができるようになります。特に重要なのは、WordPressのカスタマイズ、メール配信サービスの仕組み、カラーコード、埋め込みコード、リンク指定などの知識です。

システム・ウェブサービスの活用

WordPressは、雛形を使用してウェブサイトを構築できる便利なツールです。他にも、ペライチ、BASE、STORES、Tayori、Canvaなど、さまざまなウェブサービスが提供されています。

これらを活用することで、ウェブ制作が簡単になります。

必要な知識を学ぶ

ウェブ制作に必要な知識を学ぶことは、個人で制作するための鍵です。以下の領域で知識を身につけることが重要です。

1. WordPressのカスタマイズ

WordPressのカスタマイズに関する基本的な操作を学びましょう。メニュー、ウィジェット、固定ページの編集、メディアの活用などが含まれます。

2. メール配信サービスの仕組み

メール配信サービスの基本的な仕組みを理解し、メルマガやステップメールの配信、メールアドレスの管理などを実行できるようになりましょう。

3. カラーコード

ウェブデザインにおいて、カラーコードを理解しましょう。カラーコードは配色の指定に使用され、ウェブデザインにおいて重要な要素です。

4. 埋め込みコード、リンク指定

埋め込みコードとリンク指定についても基本的な知識が必要です。これらを理解することで、ウェブサービスの連携が行えます。

ウェブ制作のコツ

最後に、ウェブ制作を成功させるコツをいくつか紹介します。

  • 参考にする 他の成功しているサイトやデザインを参考にしましょう。競合業界や他の業種のウェブサイトからアイデアを得ることが大切です。

以上の情報を元に、ウェブ制作に挑戦する準備を進めましょう。個人で自作できるウェブサイトは、今や現実になりました。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事