fbpx

ホームページヘッダーの成功の鍵: キャッチコピーの力とは?

友だち追加

今日は、ホームページのヘッダーについてお話ししましょう。ヘッダー、つまりキャッチコピーがどれだけ重要かを理解しているか、それがビジネスの成功にどれほど影響を与えるか、とても大切なポイントです。

例1: あるケーキ屋のウェブサイトでは、ヘッダーに「甘さの楽園へようこそ!」というキャッチコピーを使用し、新しい顧客を引き寄せました。このキャッチコピーは甘い料理を提供することを伝え、お客様の好奇心を引きました。

例2: 一流のデザインスタジオのウェブサイトでは、ヘッダーに「クリエイティブな未来をデザインしましょう」というキャッチコピーを使用し、クリエイティブな仕事を求めるクライアントに訴求しました。

マーケティングチームの視点

実際、マーケティングチームが行うLP(ランディングページ)テストのうち、約8割がヘッダーテストなんです。これだけ重要な要素ということです。

ヒント1:キャッチコピーを作成する際、読者の痛みや願望にアピールすることが重要です。例えば、フィットネスクラブのウェブサイトのヘッダーで「理想の体型を手に入れましょう!」というキャッチコピーは、読者の健康への願望に訴えかけます。

読者の関心を引くための戦略

共通する前提条件は、「相手は(あなた・あなたの写真・あなたの作品・あなたの文章)に興味を持っていない」ということです。

ですから、まずは相手に「読んでもらう」ための戦略が必要になります。ここから、ホームページのキャッチコピーで何を重視すべきかが自然に見えてきます。

ヒント2:キャッチコピーは簡潔でわかりやすくなければなりません。冗長な言葉や極端な専門用語は避け、ターゲットオーディエンスに合った言葉を使用しましょう。

キャッチコピーの役割

DRM(Direct Response Marketing)のコピーライティングの世界には、こんな格言があります。

「キャッチコピーの役割はキャッチコピーの次の文章を読ませること」という言葉です。

これは、ホームページのヘッダーだけでなく、インスタグラムのプロフィールやキャプション、チラシのキャッチコピー、POP広告にも当てはまります。

読者の関心を引くための戦略

共通する前提条件は、「相手は(あなた・あなたの写真・あなたの作品・あなたの文章)に興味を持っていない」ということです。

ですから、まずは相手に「読んでもらう」ための戦略が必要になります。

ここから、ホームページのキャッチコピーで何を重視すべきかが自然に見えてきます。

成功のための3つのポイント

具体的には、次の3つのポイントをクリアしなければなりません。

  1. わかりづらい
    キャッチコピーは直感的に理解できる必要があります。例えば、不動産のウェブサイトで「夢の住まいを見つけましょう!」というキャッチコピーはわかりやすく、ユーザーにアクションを起こさせます。
  2. 読みづらい
    文章のフォントやスタイルが読みにくいと、ユーザーは早々にサイトを離れてしまいます。見やすいデザインを重視しましょう。
  3. 興味を引かない(メリットを感じさせない)
    ユーザーはキャッチコピーを読んで、自分にとってのメリットを感じる必要があります。何を提供できるかを明示しましょう。

お見合いパーティの例

これらのポイントを無視すると、成功への道が険しくなります。

これを、テレビでよくある男性10人・女性1人のお見合いパーティーに例えてみましょう。

10人のカメラマンが1人のお客様を求めて競い合う状況です。お客様は自由に選ぶ立場で、カメラマンはお客様を引き寄せるために1分という短い自己紹介時間を使います。

アピールの大切さ

さらに時間内にアピールしなければなりません。

ただセールスをし続けるのは、いきなり「結婚してください」と言っているようなものです。

ほとんど情報がなく、1分の自己紹介で10秒しかアピールしないようなものです。そして、メリットや理想の未来を伝えずに、自己中心的なことだけを書いているのは、ただの自己顕示欲のある詩人です。

最初の印象が大切

お客様が興味を持つのは、言葉遣いやスタイルではなく、「わ、この写真を撮ってみたら楽しそうかも!」と感じる瞬間からスタートします。

詳細はその後で、最初の印象が非常に大切です。

これらの原則は、コピー全体で非常に重要ですが、最初にお客様の興味を引けなければ、後の良い部分がどれだけ優れていても読んでもらえません。

つまり「付き合ってくれればわかる」は通用しないわけです(笑)。

マーケティングの世界では、ヘッダー(キャッチコピー)が成功の鍵を握っていると言われているのは、こういった理由からなんです。

ですので、あなたのホームページのヘッダーがこれらの要件を満たしているかどうか、必ずチェックしてくださいね。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事