fbpx

ランディングページで「この2つ」を比較してみよう

ランディングページ
目的別のランディングページ作ってますか?

ホームページにはたくさんの情報がありすぎて、検索でアクセスしにきても、ただの1アクセスにしかなりません。アクセスをお客さんに変えよう。

どうも、いわさきです。

ウェブ集客で成果を出すには、ABテストが重要なんです。

これはよく聞く話ですよね。

勉強すればするほど、耳にすることが多いのではないでしょうか。

しかし、問題は「どの部分をテストすればいいのか?っていう事です。

重要なランディングページ

ランディングページは、ビジネスを成功させるために最も重要です。

決済や申し込みが行われるページであるため、しっかりとしたテストが必要です。

では、どこをテストすればよいのでしょうか?

ランディングページでのテスト項目

ランディングページで効果検証する際、見ておくべきポイントは以下です。

  1. キャッチコピー
  2. ヘッダー画像
  3. 申込ボタン
  4. ベネフィット
  5. 価格
  6. 特典
  7. 保証

【ベネフィット〜保証】までの4項目は「オファー」と言います。

オファーは、提案条件の事。

オファーは、成果を大きく左右する項目です。

キャッチコピーとオファーが優先

なんと言っても、一番見られるのは、「キャッチコピー」です。

キャッチコピーは、ヘッダー画像に含まれていることも多いですよね。

なので、ヘッダー画像も大切なポイントという事になります。

オファーも

  1. 何を提示したら、
  2. どんな反応が伸びたのか

をしっかり記録しておく必要があります。

テストするのは、1つずつ

テストする際の注意点として…

すべての項目を「一気にテストしない」ということです。

  • キャッチコピーを2パターン用意したら、
  • 「キャッチコピーだけ」テストする

必ず、「1つずつ」テストします。

そうでなければ、キャッチコピーの効果を計れませんからね。

まとめ

何が正解かなんて、実際にやってみないとわかりません。

だから、お客さんに、直接聞くしかないんです。

テストをすることで、反応がわかります。

自分の過信せず、サクッと出して、検証していきましょう。

そのほうが、早く結果が出ますよ。

 

コメント

error: Content is protected !!