fbpx

高額な外注費を払ってランディングページを作成しても集客に繋がらない理由

友だち追加

「ランディングページだけでも、なんとか作成してほしいんですけど、、、。」

前にランディングページの制作代行をやっていた時、こんなお客さんがいました。

もちろん、この要望は丁重にお断りさせていただきました。

これを聞いて、なぜ?って思いました?

理由は、ランディングページだけでは集客に繋がりにくいからです。

お問い合わせは思っているほどこない

例えば、すごくおしゃれで高品質なデザインでランディングページを作ったとします。

SNSも広告も使わずに、ランディングページだけで考えてみてください。

そのページからお客さんを獲得するとしたら「お問い合わせのみ」となります。

ランディングページに訪れたユーザーがお問い合わせフォームから、商品・サービスのお問い合わせをしてくることは、ハッキリいうと限りなく少ないです。

  • あなたのコンセプトを読んで共感し、
  • 一直線にお問い合わせフォームに移動、
  • そこから商品・サービスのお問い合わせをする

上記のような導線を期待してしまっていますか?

そんな事は、影響力がない限り、ほぼ0です。

お問い合わせは割とハードルが高い

お問い合わせは、文章を考え、お問い合わせ内容を入力します。

これって、意外とハードルが高いんです。

そこまでのアクションをする方は、かなり少数です。

ランディングページも見ただけでお問い合わせをするほどの興味を示すことは、ほぼ皆無です。

  • 「ぜひここにお願いしよう。」
  • 「今すぐにでもお願いしたい。」

こういった確信がないと、人は行動しません。

残念ながら、そんなに余裕のある人なんていません。

情報過多の時代ですからね。

それじゃあ、ブログを更新しよう!

ランディングページを作ったら、お客さんに見てもらう必要がありますね。

その為に、アクセスを集める必要があります。

そして、多くの方がSEOをやろうと考えます。

となると、ランディングページだけでは無理なので、ブログ記事を更新しますね。

ですが、SEOはかなり難易度が高いです。

  • サイト設計
  • 内部リンクの配置
  • 被リンクの獲得
  • SNSとの連携
  • ペルソナ設定…etc

これらが、ちゃんと戦略立てられて実践出来ていないと、想像しているような効果はありません。

また、定期的にGoogleのアルゴリズム変更もあります。

他のサイトも同じように戦略を立てて運営しているので、さらに難易度が高いです。

つまり、同じような事はすでに、同業もやっているという事です。

ポイントは「見込み客」を集めをする事

  • ウェブからはお問い合わせは、なかなか来ない…
  • ブログも難しい…

では、どうしたらいいのかというと、

  • 無料の商品を作成
  • 無料の商品案内ページを作成
  • 無料の商品と引き換えにアクセスをリスト化する

といった仕組みが必要になってきます。

※このページをリード獲得ページと言っています。また、オプトインページ、ランディングページとも言われています。

見込み客のリストを集めることが重要です。

ランディングページだけでは、かなり厳しいです。

だから、ランディングページだけ作成してほしいという要望はお断りしました。

見込み客をリスト化

例えば、Facebookを見ていて、無料でコンテンツを配布している広告を見たことありますよね?

実際にクリックをして、無料のコンテンツを受け取った経験があるはずです。
※経験が無かったらごめんなさい。

ウェブから集客したいと考えているのなら、

  • 怪しいからとか、
  • 売り込まれるだろうからとかは思わずに、

必ずは登録してみてください。

これからウェブ集客を実践していく側のあなたが、広告に関してネガティブだと、実践のハードルになります。

結果、広告を実践せずに現状維持のままだと、すごく残念な状態になります。

広告でやっている事の多くは、自分の商売に対して少しでも興味がある見込み客を集めています。

多くの方は、メールアドレスやLINE公式アカウントの友達登録をしています。

そして、そのメールアドレス、LINE公式アカウントの友達などのリストに対して、情報提供や価値提供をしていきます。

※店舗ビジネスであれば、クーポンの発行や
※コンサルティングであれば、必要性、重要性の共有

メール配信サービス

見込み客のリストを集める仕組み化を実践するには、当然ランディングページだけでは実現出来ません。

他にも「メール配信サービス」が必要です。

この、メール配信サービスとランディングページを組み合わせる必要があります。

そして、無料のコンテンツを作成する為にもツールは必要になります。

動画コンテンツの場合は、編集ソフトが必要です。

ハードルがあるという場合は、スマホで撮影でも構いません。

編集は、もちろんした方が望ましいですが、

そこでハードルを感じて実践が止まってしまうなら、ホワイトボードで図解するなどの工夫をすればいいと思います。

仕組み化のステップ

仕組み化の4つのステップがあります。

  1. 無料のコンテンツを案内するページにアクセスを集める
  2. 興味を持ったユーザーはメールアドレスを登録する
  3. そのメールアドレスにメールを送って情報提供する
  4. ランディングページで商品を販売する

といったステップです。

上記を実践する為に、必要なツールを組み合わせる必要があります。

この仕組み化の事を「導線設計」と言います。

ウェブ集客は仕組み化するべき

今回、ウェブ集客の仕組み化をかなり簡略化して解説しています。

なんか難しそうだから出来ないとか、自分には関係ないという方がいます。

それならそれでもいいと思います。強制されてやるべきではないからです。

でも、仕組み化しないと、なかなか売れないというのも現実です。

また、高単価の商品なんて、まさにそうで、買ってもらう前にきちんと良さや必要性を感じてもらう必要があります。

また、ブログだけとかの部分的な実践は、逆にウェブ集客の難易度が高くなるだけです。

一点突破だと、失敗した時の心のダメージが大きい。

そう考えると、部分的ものこそ、ウェブマーケティングを対応をしてくれる制作会社にお願いするべきですね。例えば、骨組みだけ構築してもらうとか。すごくいいですよね。

でないと、実践するだけ、時間もお金も心も無駄になってしまいます。

何よりも、私たちは本来の自分の本業があるので、集客屋さんにはならないで欲しいという思いもあります。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事