fbpx

マイクロソフト広告の魅力を考えてみた。

友だち追加

どうも、いわさきです。

私はいつも、どんな事を始めるにも「広告を出稿しよう」と言っています。2022年5月に新しくなったMicrosoft広告をぜひ検討してみてください。

もちろん、用意するべき材料は、「ホームページ/ランディングページ」が必要です。

そして、「販売する商品/サービス」と「コミュニケーションツール(メールアドレスなど)」ですね。
特に特別なものは全く必要ありません。

なぜMicrosoft広告がオススメなのか?

マイクロソフト広告は、歴史ある広告事業を更に進化させ、GAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)の一翼を担う存在に成長しています。

その注目すべきポイントは?

  1. 多岐にわたるプロパティへの展開: LinkedIn、PromoteIQ、Xandr、Activision Blizzardの買収により、広告主は検索エンジンからゲームまで、様々なプロパティで広告を配信できるようになりました。
  2. メタバース事業への参入: Netflixへの広告配信開始やMicrosoft Mesh、Microsoft HoloLensを活用したメタバース事業への注力により、最新のトレンドにも積極的に対応しています。
  3. 効果的な広告管理: 2022年9月に発表されたマルチプラットフォーム機能は、Microsoft広告の管理画面でGoogleやFacebookなど他のプラットフォームへの広告配信を一括して管理でき、AIを活用して広告運用を最適化できます。

Microsoft広告を始める魅力的な理由

  1. 簡単な広告データのインポート: 他の広告媒体での配信設定をMicrosoft広告にインポートすることが簡単にできます。Google広告やFacebook広告で既にキャンペーンを展開している場合も、数クリックでデータを引き継ぐことができます。
  2. ハードルの低い掲載開始: インポート機能を活用することで、細かい配信設定を省略でき、掲載開始までのハードルが低くなります。これにより、手軽に広告プロモーションをスタートさせることができます。
  3. 他の媒体との併用が容易: Microsoft広告を他の広告媒体と併用することで、広告戦略をより多角的に展開できます。インポート機能の利用や一元的な管理が可能なため、柔軟性の高い運用が期待できます。

広告運用に新たなスタンダードを確立!

Microsoft広告は、その多彩なプロパティと先進的な機能により、広告主にとって非常に魅力的なプラットフォームとなっています。他の広告媒体との統合が容易で、手軽に広告プロモーションを始めることができる点が特に強みです。

新しい広告運用のスタンダードを確立するために、ぜひMicrosoft広告での広告活動を検討してみてください。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事