fbpx

朝に絶対避けるべき、脳のパフォーマンスを激しく低下させる「ある行動」とは?

朝、目覚めた瞬間、あなたはどんなことを考えますか?

多くの人が、一日の予定を確認しながら、「今日は〇〇の締め切りが迫っている」「あのプレゼンで大失敗したらどうしよう…」といった不安や心配ごとを頭に浮かべてしまうのではないでしょうか。

実は、この「朝にストレスを感じる未来を想像する」という行動こそが、脳のパフォーマンスを激しく低下させる最大の要因の一つなのです。

なぜ、朝にストレスを感じるだけで脳の働きが阻害されてしまうのでしょうか?

その理由は、脳の「デフォルトモードネットワーク」と呼ばれる機能にあります。

デフォルトモードネットワークは、脳が何もしていない状態でも常に活性化しているネットワークであり、過去の記憶や経験を基に未来を想像する役割を担っています。

そして、このデフォルトモードネットワークが活性化されると、脳は前向きな思考よりも、ネガティブな思考に偏りやすくなることが研究で明らかになっています。

つまり、朝にストレスを感じる未来を想像してしまうと、脳はデフォルトモードネットワークが活性化し、不安や心配といったネガティブな思考に囚われてしまうのです。

その結果、集中力や記憶力、判断力などの認知機能が低下し、仕事や勉強のパフォーマンスが著しく悪化してしまう可能性があります。

では、朝にストレスを感じずに、脳のパフォーマンスを最大限に発揮するためにはどうすれば良いのでしょうか?

その鍵は、「ポジティブなイメージング」にあります。

ポジティブなイメージングとは、自分が望む未来を具体的にイメージし、五感を使って鮮明に感じるというものです。

例えば、「今日のプレゼンは大成功する」「重要な案件をスムーズにまとめられる」「目標達成に向けて順調に進んでいる」といった、ポジティブな未来をイメージすることで、脳はデフォルトモードネットワークの働きを抑え、前向きな思考に導くことができます。

さらに、ポジティブなイメージングを行うことで、以下の効果も期待できます。

  • モチベーションの向上: 目標達成に向けて意欲的に行動できるようになる
  • ストレスの軽減: 不安や心配ごとを解消し、リラックスした状態を保てる
  • 創造性の向上: 新しいアイデアが浮かびやすくなる
  • 自信の向上: 自分の能力を信じられるようになる

朝起きたら、まず5~10分間、目を閉じてポジティブな未来をイメージしてみましょう。

具体的なイメージを思い浮かべることで、脳は活性化し、その日のパフォーマンスを劇的に向上させることができるのです。

脳のパフォーマンスを最大限に発揮し、最高の成果を達成するためには、朝にストレスを感じる未来を想像するのではなく、ポジティブなイメージングを習慣化することが重要です。

ぜひ、今日から実践してみてください。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。