写真を撮る時の自己表現の楽しさ

あなたしか撮れない写真

1回目の講義のとき、私はこんな話をしました。

基本的なことと言っても、要するに写真を始める時の心のあり方の揉んであって、発見と出会いが必ずあります。あとは、表現力の問題です。

私が言いたいのは、大げさな事や、すごく立派な事を言おうとしているのではなくて、写真を撮る時のモノをよく見る。という心構えの話です。

みなさんの撮った写真を見ていると、いったい何を写したかったのか、よくわかりません。何を写そうとしているのか、みなさんの気持ちが伝わってこない。

もちろん最初は、多くのカメラの教科書や雑誌、そしてプロの親切丁寧な指導を受けたり、その本を熟読して学び、身につける事が大切です。

そして、それを一通りマスターしたら、いよいよ自己表現にこだわってくる。そこに苦労もあり、楽しさだってあります。

カメラの使い方は、みんなマスターしているし、今のカメラは自動でなんでもキレイに撮れるから、撮るだけの事だったら、美しい風景やスナップは十分に撮る事ができる。

その上で、カメラの機能的なことを熟知しているからこそ、自分は何を狙って撮るか、その主題は何か、この写真でどうゆうものを表現しようか、そうゆうことを自分で考えて撮っていくと、写真が深くなり。自己表現の楽しさが分かってくる。当然だけど、内容の深さは作品の良し悪しになってきます。

こんな話をしたら、みんな

「その通りだと思います。そのことももっと詳しく話してください」と言い

やっぱり。写真というものは、撮らなきゃダメで、いくら話を聞いても、それを具体的に実践してこそ身についてきます。私は実践を重視します。と付け加えました。

今すぐ写真教室を無料体験してみよう!
14日間で写真家の売上アップを実現する講座をプレゼント

写真家が売上を上げるための方法を丁寧にわかりやすくお伝えしていきます。
単に売上を上げるための小手先のテクニックや一時的にしか使えない内容ではありません。

LINEでお友達になる

関連記事一覧