fbpx

脳の健康を守る!ストレスフリーな働き方の秘訣

友だち追加

仕事や職業生活において、ストレスは避けられないものです。厚生労働省の「労働安全衛生調査」によると、2018年度の調査で「仕事の質・量」が59.4%と最も多く、その他にも「仕事の失敗、責任の発生など」が34.0%、「対人関係」が31.3%と報告されています。これはビジネスマンが普段から何らかのストレスを抱えていることを示唆しています。

しかし、良いストレスもあれば、悪い影響を与える強度の高いストレスもあります。特に長期間にわたる強度の高いストレスは、脳の機能に悪影響を及ぼすことが分かっています。この影響は、脳内で分泌されるホルモンであるコルチコイドに由来しています。

コルチコイドは通常、脳の機能低下を防ぐ働きや、ストレスと戦うために必要なエネルギーを蓄える役割を果たしています。しかし、ストレスによってこのホルモンが脳に蓄積されると、神経の発達が妨げられ、特に記憶を司る部分である海馬の機能低下を引き起こすと言われています。さらに、長期的なストレスにより海馬の神経細胞が壊れ、結果として認知症の発症リスクが高まるとされています。

働き盛りの世代は特にストレスにさらされやすく、自覚せずにストレスを抱えていることがあります。したがって、ストレスの軽減や管理は認知症予防において重要な要素となります。

出典: 2018年「労働安全衛生調査」(厚生労働省)
出典: 2018年「労働安全衛生調査」(厚生労働省)

ストレス管理の重要性と対策

  • ストレスの自覚
    どのような状況や出来事がストレスの原因となっているかを自覚することが重要です。
  • 適切なリフレッシュ
    忙しいスケジュールの中で、適切な休息やリフレッシュタイムを確保することが大切です。
  • コミュニケーション
  • 間関係のストレスは避けられないこともありますが、コミュニケーションを通じて問題解決を図ることが役立ちます。
  • 趣味や運動
  • 味や運動を通じてストレスを発散し、気分転換を図ることが有益です。
  • プロの助け
    ストレスが深刻な場合は、カウンセリングや専門家の協力を得ることで問題解決に役立ちます。

認知症予防のためには、健康的なストレス管理が不可欠です。自身のストレス状況を理解し、適切な対策を講じることで、認知症リスクを低減させることが期待できます。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事