fbpx
今すぐ予約する

ウェブ集客の初心者が最初に用意したいツール

ランディングページ
目的別のランディングページ作ってますか?

ホームページにはたくさんの情報がありすぎて、検索でアクセスしにきても、ただの1アクセスにしかなりません。アクセスをお客さんに変えよう。

どうも、いわさきです。

「ウェブから集客したい」

商売をやっている人間からすれば、全員が願うことでしょう。

実際に多くのひとり経営者が、この課題を解決すべく、勉強しています。

しかし一方で、

  • 「何から始めたら良いんだろう…」
  • 「色々情報がありすぎて、何が正解かわからない…」

このような悩みをよく聞きます。

情報過多の今では、こうなってしまうのも無理はありません。

そこで今回、

「ウェブ集客初心者が、最低限揃えるべきもの」

について整理していきたいと思います。

肉じゃがの作り方

私は、料理をします。

中でも得意なのが、肉じゃがです。

肉じゃがって、和食の定番ですよね。

  • 醤油
  • 砂糖
  • だしの素
  • じゃがいも
  • 玉ねぎ

この辺材料が揃えば、美味しい肉じゃがが作れます。

あとは、レシピに沿って作るだけ。

肉じゃがもウェブ集客も同じ

「なんで、いきなり肉じゃがの話なの?」

困惑させて、ごめんなさい。

しかしこれが、ウェブ集客のヒントなんです。

「こういう風に、ウェブ集客もやればいいのになぁ

と、常に思っています。

新たな情報に翻弄されてしまう

新たな知識を学ぶと、ついつい脳が複雑化してしまいます。

  • マーケティングオートメーション
  • ウェビナー
  • サブスクリプション
  • 音声配信
  • ライブ配信
  • …etc

といった、戦術に翻弄されてしまいます。

最低限の材料とレシピだけで、大丈夫

しかし、そんな新たな戦術に惑わされる必要はありません。

そんなことしなくても、ウェブ集客は簡単にできますよ。

  1. 最低限の材料
  2. レシピ

これがあれば、ウェブの仕組みは作れます。

新たなノウハウは、最低限の後でやる

これらの最低限が揃った後で、

  • より多くの人に広めるために
  • より精度を上げるために

新たな戦術に手を出していけばいいのです。

最初は身軽に

修正、改善はずっと続くものです。

終わることはない。

だからこそ、最初から鼻息荒くしてやることはないんです。

最低限で作りましょう。

完璧主義は捨てる

「こだわりたい」気持ちはわかります。

社長・経営者の中には、完璧主義の方が多いですからね。

しかし、それが逆に自分の首を絞めている可能性もあります。

「こだわり」は後からで大丈夫

肉じゃがでいえば、

  1. もっと良い品質のじゃがいもを使う
  2. 高級醤油を使う
  3. 味に深みを出す

はじめは、こんなこと必要ありません。

最低限の材料で、それなりの肉じゃがが作れます。

ウェブ集客に関しても、「これでいいのに」と切実に思います。

ウェブ集客でも、最低限に絞る

ウェブから集客できない人の多くは、

  1. 最低限の材料
  2. レシピ

がありません。

これがないのに最新ノウハウを試しても、うまくいきません。

宝の持ち腐れということです。まずは、最低限を揃えましょう。

ウェブ集客3つの材料

では…ウェブ集客における、最低限の材料は何か。

それは、下記3つです。

  1. ブログ(ホームページ)
  2. メールマガジン(ステップメール)
  3. ランディングページ

業種業態は問いません。すべての商売に必須の道具です。

詳しく言えば、もっと揃えるべきものはあります。

しかし、まずは上記3つが最低限の材料と言えるでしょう。

ウェブ集客のレシピ

次に、レシピ。

これは、お客さんを獲得する「手順」のことを指します。

  1. 見込み客を集める
  2. 見込み客を育成する
  3. 見込み客を新規客に変える
  4. 新規客を、優良客に育てる

主に、この4つの流れで、戦略を考えます。

戦術は、こうした戦略があった上で、はじめて成り立ちます。

材料×レシピ

ここで、材料をレシピに当てはめてみましょう。

  1. ブログで、見込み客を集める
  2. メルマガで、見込み客を育成する
  3. ランディングページで、新規客に変える
  4. ブログ・メルマガで、優良客に育てる

このようなイメージです。

この仕組みを整えるだけでも、劇的な変化が起こるでしょう。

ダイレクトマーケティング

このような手法を、一般的にダイレクトマーケティングと呼びます。

学んでおいて、損はないです。

まとめ

新たな戦術やツールは、山のように出てきます。

その時に、迷わないためにも、

  1. 最低限の材料
  2. レシピ

これらを、用意しておきましょう。

土台があれば、情報の取捨選択もやりやすくなります。

コメント

error: Content is protected !!