fbpx

【USPだけでは選ばれない!】「おもてなし」で心を掴み、選ばれる存在になるための真実

あなたは、自分の「強み」を理解していますか?

マーケティングを学んだことがある人なら、誰しも一度は「USP」という言葉に出くわしたことがあるでしょう。

しかし、USPを設定するだけでは、お客さんに選ばれるとは限りません。

なぜでしょうか?

現代社会は情報過多の時代です。

お客さんは膨大な情報の中から、自分に必要な情報を選び出す必要があります。

今回は、「おもてなし」の重要性を、実体験を交えながら詳しく解説します。

USPだけでは選ばれない理由、そして「おもてなし」で差別化する方法を理解することで、あなたも選ばれる存在になることができます。

マーケティングで必ず出てくる「USP」

「Unique Selling Proposition」の略称であるUSPは、「強み」を意味します。

しかし、USPを設定するだけでは、お客さんに選ばれるとは限りません。

なぜUSPだけでは選ばれないのか?

1. お客さんの悩みや願望が顕在化していない

多くの場合、お客さんは自分の悩みや願望を明確に認識できていません。

2. USPは顕在化したニーズを持つお客さんにしか響かない

USPは、すでに商品購入をある程度決めているお客さん向けのメッセージとなります。

3. USPだけではお客さんとの信頼関係が築けない

USPは商品の機能や性能を伝えるものですが、お客さんとの信頼関係を築くためには、商品に対する情熱や人柄などを伝える必要もあります。

では、どうすればお客さんに選ばれるのか?

その答えは「おもてなし」です。

「おもてなし」とは、お客さんに共感してもらうためのコンテンツを提供することです。

実際に使っていた、USP

私のような撮影業の一般的なUSPとしては、

  • 1週間以内に納品(アルバム制作)
  • 撮影枚数無制限(時間以内に限る)
  • 気に入らない場合は、返金保証or再撮影

などが考えられます。

しかし、このUSPだけでは、多くの場合、お客さんの心を掴むことはできません。

なぜでしょうか?

現代は、単なる機能や価格競争ではなく、

  • 商品やサービスのストーリー
  • 提供者の想い
  • 共感できる価値観

を求めています。

そこで、私が実際に撮影業で成功した、意外なUSPをご紹介します。

それは、「撮影者の熱意を映像で伝える」というUSPです。

具体的には、以下のようなコンテンツをブログ記事や動画で発信しました。

  • カメラマンのインタビュー
  • 撮影前の裏話
  • モデルへのインタビュー

これらのコンテンツを通して、撮影者の情熱や想いを伝えることで、お客さんは

  • 撮影の内容に対する理解
  • 撮影者への信頼感
  • スタジオへの参加意欲

を高めることができました。

結果的に、

  • 撮影の依頼数増加
  • 顧客満足度向上
  • 売上大幅向上

という成果を達成することができたという事です。

このように、USPは単なる機能や価格競争ではなく、お客さんに共感してもらうためのストーリーや価値観を伝えることが重要です。

撮影業に限らず、どんな業種でも、この考え方は応用することができます。

ブログ、動画、メルマガなどを通して発信することで、お客さんとの信頼関係を築き、選ばれる存在になることができます。

「おもてなし」で差別化する

USPは商品の機能や性能を伝えるものですが、「おもてなし」はお客さんに共感してもらうためのコンテンツを提供することで、商品に対する理解を深め、購入意欲を高めることができます。

つまり、「おもてなし」で差別化をしてみたという事です。

ひとり経営者こそ「おもてなし」が重要

大手企業のように莫大な広告費をかけられないひとり経営者こそ、「おもてなし」を積極的に行うべきです。

お客さんとの信頼関係を築き、ファンを獲得することで、安定した収益を上げることができます。

あなたも今日から「おもてなし」を始めませんか?

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。