fbpx

夜遅い食事は太るだけじゃない!健康寿命を縮める恐ろしい真実とは?

夜遅い時間に食事をすることは、太るというだけでなく、健康寿命を縮めるという恐ろしい真実が、アメリカのプリガム アンド ウィメンズ病院の研究グループによって明らかにされました。

この研究は、これまでになかった画期的なものです。

あなたは、

  • 夜遅い時間に食事をすることが多い
  • ダイエットしてもなかなか痩せない
  • 健康寿命が気になる

という方ではありませんか?

なぜ、夜遅い食事は健康寿命を縮めるのでしょうか?

その理由は、

  • 空腹感を増し、翌日の食べ過ぎにつながる
  • カロリー消費量を減少し、脂肪が蓄積されやすくなる
  • 体内時計を乱し、生活習慣病のリスクを高める

という3つのメカニズムによるものです。

まず、夜遅い食事は空腹感を増し、翌日の食べ過ぎにつながります。

夜遅い時間に食事をすると、脳の満腹感を感じるホルモンであるレプチンが減少します。

レプチンが減少すると、空腹感が増し、翌朝に食欲が旺盛になり、朝食をたくさん食べてしまいます。

朝食をたくさん食べると、

  • 昼食までの時間が短くなり、間食をしてしまう
  • 昼食もたくさん食べてしまう

という悪循環に陥り、

  • 全体のカロリー摂取量が増え
  • 太りやすくなる

のです。

さらに、夜遅い食事はカロリー消費量を減少し、脂肪が蓄積されやすくなります。

夜遅い時間に食事をすると、体温が低下します。

体温が低下すると、エネルギー消費量も低下します。

エネルギー消費量が低下すると、

  • 脂肪が燃焼されにくくなり
  • 脂肪が体に蓄積されやすくなる

のです。

また、夜遅い食事は体内時計を乱し、生活習慣病のリスクを高めます。

体内時計は、24時間周期で活動と休息を繰り返すリズムです。

夜遅い時間に食事をすると、体内時計が乱れ、

  • 睡眠障害
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症

などの生活習慣病のリスクが高まる

ことが分かっています。

肥満は、心疾患や脳卒中などの死因にもつながります。

つまり、夜遅い食事は太るだけでなく、健康寿命を縮めるという恐ろしいリスクを伴っているのです。

仕事や勉強で忙しいと、どうしても夕食時間が遅くなってしまうことがあります。

しかし、できるだけ早めに食事を済ませ、

  • 十分な睡眠を取る
  • 適度な運動をする
  • バランスの良い食事を心がける

ことで、健康寿命を延ばすことができます。

夜遅い食事は、一時的な快楽と引き換えに、健康を損なうものです。

健康的な生活習慣を送り、

  • 太りにくい体
  • 病気に負けない体

を作りましょう。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。