fbpx

手の動きと脳のパフォーマンス向上

友だち追加

仕事や日常生活において、手を器用に動かすことが脳の働きを向上させることを知っていますか?

研究によれば、手先を使った精緻な作業は、脳の血流を増加させ、認知能力を高める助けになることが示されています。

最新の研究では、高度な手作業が、年齢に関係なく、認知機能の向上に寄与することが明らかになりました。

筑波大学の研究成果

筑波大学の最新研究によれば、特定の機器を用いた手指巧緻性のトレーニングが、高齢者だけでなく、中年層の認知機能向上にも貢献することが明らかになりました。

手指巧緻性は、日常生活において家事をこなしたり、文字を書いたり、物を運んだりするために欠かせないスキルですが、加齢に伴い低下する傾向があります。

トレーニングの有益性

この研究では、57名の中年層を対象に、トレーニンググループと非トレーニンググループに分けて実験を行いました。

トレーニンググループは、センサーが組み込まれたパネルを使用し、数字の順序に従ってピンを差し込んだり、数字とひらがなを交互に差し込んだりするなど、7つの異なるトレーニング課題をこなしました。

その結果、トレーニングの難易度が高いほど、脳の血流が増加し、特に実行機能が向上することが明らかになりました。

手の巧緻性と認知機能向上の因果関係

この研究により、手の巧緻性のトレーニングが、認知機能の向上に寄与することが証明されました。

仕事や日常生活で手を使う機会を増やすことは、中年層の脳の健康を促進する方法として注目されています。

料理、手芸、楽器演奏など、手を使って楽しむ趣味が、仕事や生活の質を向上させるのに役立つでしょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事