fbpx

呼吸で記憶力をアップ!経営者のための3つの方法

友だち追加

呼吸は、私たちの体に欠かせない生理機能です。しかし、呼吸が記憶力にも影響を与えていることが、最近の研究で明らかになってきました。

兵庫医科大学の研究グループが行った実験では、マウスが記憶する瞬間に呼吸を止めさせたところ、記憶力が低下することが判明しました。記憶を司る脳の部位である「海馬」の活動レベルでもそのことが確認されました。

一方で、呼吸の頻度やパターンを変化させると、今度は逆に記憶力が強化されることも分かりました。

呼吸が認知機能に与える影響

同研究グループは以前より、認知機能の低下の原因の一つが不適切な呼吸であることを発見していました。

そして今回の実験では、呼吸のパターンによっては、記憶力を向上させることが新たに分かったということです。

実際に、呼吸に意識を集中するマインドフルネス瞑想を行うことで記憶力が高まるという研究報告はこれまでにも多数ありました。

今回の研究は、呼吸が認知機能に対して大きく影響しているしくみを解明する、大きな一歩となるでしょう。

呼吸で記憶力が強化される!?経営者のための記憶力向上術

「最近、物覚えが悪くなってきた」「物忘れが増えてきたなあ」など、記憶力の低下が気になる……という経営者の方もいるのではないでしょうか。

そんな方にとって、今回紹介する

「呼吸で記憶力を強化する」

という方法は、とても有効な手段になるかもしれません。

兵庫医科大学の研究グループが行った実験によれば、マウスが記憶する瞬間に呼吸をとめさせたところ、記憶力が低下することが判明しました。

記憶を司る脳の部位である「海馬」の活動レベルでもそのことが確認されたというのです。

一方で、呼吸の頻度やパターンを変化させると、今度は逆に記憶力が強化されることも分かりました。

同研究グループは以前より、認知機能の低下の原因の一つが不適切な呼吸であることを発見していました。

そして今回の実験では、呼吸のパターンによっては、記憶力を向上させることが新たに分かったということです。

実際に、呼吸に意識を集中するマインドフルネス瞑想を行うことで記憶力が高まるという研究報告はこれまでにも多数ありました。

経営者のための記憶力向上術

では、経営者はどうすれば、この研究結果を活かして記憶力を向上させることができるのでしょうか。

以下に、具体的な方法をいくつかご紹介します。

深呼吸を心がける

呼吸を深くすることで、脳への酸素供給量が増え、記憶力向上につながります。

仕事や日常生活の中で、意識的に深呼吸をするようにしましょう。

マインドフルネス瞑想を取り入れる

マインドフルネス瞑想は、呼吸に意識を集中する瞑想です。

呼吸に意識を集中することで、脳がリラックスし、記憶力が向上すると考えられています。

1日数分、マインドフルネス瞑想を取り入れてみてはいかがでしょうか。

呼吸法を取り入れたトレーニングを行う

呼吸法を取り入れたトレーニングを行うことで、記憶力向上に効果が期待できます。

例えば、4-7-8呼吸法と呼ばれる呼吸法があります。

4秒間息を吸い、7秒間息を止めて、8秒間息を吐くという呼吸法です。

この呼吸法を行うことで、脳への酸素供給量が増え、記憶力が向上すると考えられています。

まとめ

呼吸は、私たちの体に欠かせない生理機能です。しかし、呼吸が記憶力にも影響を与えていることが、最近の研究で明らかになってきました。

経営者の方にとって、記憶力は重要なスキルです。

今回紹介した方法を参考に、呼吸を意識して記憶力を向上させ、仕事や人生をより充実したものにしましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事