fbpx

食物繊維で認知症を予防!従業員の健康増進に役立てよう

友だち追加

認知症は経営者にとって大きな課題

認知症は、脳の機能が低下することで、記憶力や判断力が低下する病気です。2025年には、認知症患者数が700万人を超えると予測されており、経営者にとって大きな課題となっています。

認知症を発症すると、仕事のパフォーマンスが低下したり、離職率が高まったりするため、企業の損失につながります。また、認知症の治療には高額な費用がかかるため、企業の経営を圧迫する可能性があります。

食物繊維が認知症の予防に役立つ

オーストラリアのモナシュ大学の研究によると、食物繊維を多く摂取したマウスは、認知機能の低下が抑制されたことが明らかになりました。また、短鎖脂肪酸の産生量が多くなることも分かりました。

短鎖脂肪酸は、腸内細菌が食物繊維を分解する際に生成される物質です。認知機能の維持や改善に役立つと考えられています。

経営者ができること

経営者は、従業員の健康増進に取り組むことで、認知症の予防に貢献することができます。

具体的には、以下の取り組みが挙げられます。

  • 従業員の健康診断を実施し、認知症のリスクを早期に発見する
  • 従業員に対して、健康的な食事や生活習慣の指導を行う
  • 従業員が運動やレクリエーションなどの余暇活動に参加できる環境を整える

まとめ

食物繊維は、認知症の予防に役立つ食材です。経営者は、従業員の健康増進を図ることで、認知症の予防に貢献し、企業の健全な経営につなげましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事