fbpx

成果が出ると言われている方法は実は間違い

友だち追加

江戸時代の寺子屋は、地域や職業、子どものレベルに応じて7000種類もの教科書が用意されていました。

この個別対応の教育から、ひとりひとりに最適な学び方が生まれました。

現代のひとり経営者も同じように、ウェブ集客においては個別対応が重要です。

寺子屋の教育と現代のビジネス

例えば、江戸下町の商人が多い地域では、『商売往来』という教科書を使用し、商業に関する知識を重点的に教えました。学びたいことに特化した教育が行われ、机は同じ方向を向く必要がありませんでした。

現代のビジネスも同じです。

例えば、ブログ集客が有効だとされていますが、それが得意でない場合、他の手段を選ぶこともできます。

YouTube、SNS、セミナー、メルマガなど、選択肢は豊富です。大切なのは「みんなと同じことをする」ではなく、「自分に適したことをする」ことです。

ブログ集客の例

ブログ集客は一般的に有効とされていますが、ブログを書くことが苦手な場合もあります。

そんなときは、以下のような手段が考えられます。

  • 動画マーケティング
    ブログよりも視覚的で分かりやすい。YouTubeチャンネルを開設するなど。
  • SNSマーケティング
    手軽に始められ、ターゲットに合わせて情報発信できる。FacebookやTwitterを活用する。
  • オフラインでの人脈づくり
    異業種交流会や飲み会に参加して、人脈を広げる。人脈を通じて顧客を獲得する。

自分に適したことをする

大切なのは、「みんながやってる」などという関係なく、自分に適した手段を見つけることです。ブログだけが正解ではなく、他の手段も有効です。

自分が得意なもの、興味があるものを見つけ、それを活かして集客を行いましょう。

なぜ寺子屋には、7000種類もの教科書があったのか

ひとりひとりに適した教育を行うためであり、現代のビジネスも同じです。

「みんながやってる」などという一つの正解は存在せず、自分に合った方法を見つけ、柔軟に取り組んでいくことが成功への道です。

この考え方は、江戸時代の寺子屋から学ぶことができ、現代のひとり経営者のウェブ集客にも活かすことができます。

自分に最適なウェブ集客の方法を見つけ、成功への道を切り開きましょう!

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事