fbpx

仲間との運動が認知機能低下予防に効果的な理由

高齢化が進む現代社会において、認知症予防は重要な課題です。運動が認知症予防に有効であることは広く知られていますが、筑波大学と山口県立大学の研究グループは、2023年の研究で、仲間と行う運動が、一人で行う運動よりも認知機能低下予防により効果的であることを明らかにしました。

なぜ仲間との運動が重要なのか?

  1. 社会的孤立の解消: 高齢者は、身体的な衰えや社会的なつながりの減少により、孤独感を抱きやすい傾向があります。仲間との運動は、共通の目標に向かって共に取り組むことで、連帯感や一体感を生み出し、孤独感を軽減する効果があります。社会的孤立は認知症のリスクを高める要因の一つであるため、仲間との交流は認知機能維持に不可欠です。
  2. モチベーションの維持: 一人で運動する場合、継続が難しいと感じる人もいるでしょう。仲間がいることで、互いに励まし合い、競い合うことができ、運動へのモチベーションを維持することができます。継続的な運動は、認知機能の維持・向上に不可欠です。
  3. 認知機能への複合的な刺激: 運動だけでなく、仲間との会話やコミュニケーションも、脳に良い刺激を与えます。仲間との運動は、身体的な活動と同時に、社会的交流という精神的な活動も促すため、認知機能への複合的な効果が期待できます。
  4. 運動の質の向上: 仲間と運動する場合、互いにアドバイスし合ったり、競い合ったりすることで、運動の強度や質が向上する可能性があります。適切な強度の運動は、認知機能の改善に効果的です。

研究結果が示すもの

今回の研究では、週2回以上仲間と運動する人は、一人で行う運動をする人に比べて、認知機能障害のリスクが34%も低いという結果が得られました。この結果は、仲間との運動が、単なる身体活動以上の効果をもたらす可能性を示唆しています。

今後の展望

研究グループは、運動中の他者との関わり方によって、認知機能への影響が異なる可能性を指摘しています。今後、運動の種類や仲間との関係性など、より詳細な研究が進められることで、高齢者の認知症予防に役立つ、より効果的な運動プログラムの開発が期待されます。

まとめ

仲間との運動は、認知機能低下予防だけでなく、孤独感の解消やモチベーションの維持など、高齢者の心身の健康に多大なメリットをもたらします。健康寿命を延伸し、豊かな老後を送るためにも、仲間との運動を積極的に取り入れていきましょう。

参考

筑波大学体育系・山口県立大学社会福祉学部(PDF)

運動が認知機能低下予防に効果的であること、そして仲間と行う運動が一人で行う運動よりも効果的であることを論じています。週に2回以上仲間と運動する人は、一人で行う運動をする人に比べて、認知機能低下リスクが34%も低いという結果が得られました。この研究は、4年間で4,358人を追跡調査したものです。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。