fbpx

ホームページがなぜ閉じられる?成功への一歩は最初の3秒!

友だち追加

想像してみてください。

あなたが何日も何十時間もかけて一生懸命に作ったホームページ。 アクセスしてくれたお客さんが、たった3秒で「あ、もういいや」ってホームページを離脱、閉じてしまっていたら・・・どんな気分ですか?

それはもう、切ないし悲しいですよね。私でも泣きます。

でも、現実としては、ほとんどがこんな状態なんですね。

ということで、今回はこういう結果になってしまう理由と、その解決する方法をお話します。

せっかく作ったホームページなので、お客さん(見込み客)にシカトされずドンドン見てもらって、ザクザク来店してもらいましょう。

ホームページが読まれない大きな原因。

それは読み手(あなたの見込み客)は、最初の時点ではあなたに興味がないからです。

多分、読んでいるフリ

見込み客もヒマじゃありませんので、「自分にメリットがないこと」「興味がわかないこと」は面倒なのでわざわざ読む気にならないんですね。

何度も言っていますが、コピーライティングの大原則「見込み客は読まない(Not Read)」ってやつです。

参考講義

お客さんはほとんど読んでいない?読んでもらうための3つの対策

「集客できない時」「売れない時」に確認するべき3つポイント

ってことで、まずはここの対策からはじめましょう。

もちろん、あなたも忙しいと思いますし、いきなり全部を対策するのは厳しいですね。

まずは、大事な部分を一箇所だけを変更してみてはいかがでしょうか?

じゃ「一箇所だけ!」なら、どこから対策をするのが良いと思いますか?

それは「一番はじめ」です。

ホームページを下から読む変人はあまりいませんよね。普通はまず上から読みます。だから、一番上でコケたら、その時点でさようなら。なんです。

危ない危ない

下の方や別のページに、いくら良いことが書いてあっても、めちゃくちゃ良い写真があっても、最初でコケたらもう終わりです。もう見てもらえません。

だから、とにかく最初に見られる部分に命をかける。もしホームページを改善するなら、ここの改善で8割のパワーを注いでも良いくらいです。

ホームページの一番はじめは、飲み会でいうところの第一印象と同じです。

でも、ホームページと飲み会との大きな違いは、時間(検討する時間)。

飲み会であれば、飲み放題2時間コースであれば、強制的に2時間くらいは話します。

第一印象でコケても「あれ!?もしかしたらこの人、意外とステキかも!?」ってパターンもあるかもしれません。きっと…。

でも、ホームページの場合はそれはムリです。

最初の段階で「あ、このメンツはないな」と思われたら、その場ですぐに帰られてしまうんです。 キッツイですね。

ヘイ!タクシー

先日「水曜日のダウンタウン」ってテレビ番組で面白い検証をやってました。

「イケメン男性4人の中に1人だけイケてない男がいた時に、その男が実は超金持ちだってことが段々とわかってきたら、女性陣の態度はどう変わるか?」って内容です。

結論からいうと、女性陣の態度はだんだん変わっていくんですが、ホームページ集客の場合は一瞬勝負なので、そんな余裕はないんです。

だから、ホームページでもとにかく第一印象が大事。

改善してほしい具体的な場所をいうと、トップページであって、トップページの中のファーストビュー(最初に見えるところ)であって、ファーストビューの中のヘッダー(一番上の画像)が大事です。

もし、ホームページが完成していない場合、全部を直すのは大変なので、まずはここだけ直してみてください。

最初の一瞬にこそ、力を注げ!

忙しい見込み客は最初の瞬間で興味を引かなければ、その先の素晴らしいコンテンツも見てもらえません。ホームページの第一印象が大事なのは、まさにこの瞬間です。

対策はヘッダーの改善。ヘッダー画像を工夫して、訴求力のあるデザインやメッセージにしましょう。最初に見る部分を魅力的にすることで、見込み客が続きを読む意欲を高めてもらえるかもしれません。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事