fbpx

脳の不思議な舞台裏 大脳、小脳、脳幹の奇跡の連携

脳、それはまさに私たちの身体と心の司令塔。しかし、その裏には驚くべき連携が広がっています。

舞台裏の主役、大脳は踊り子のような存在、小脳は欠かせないスタッフたち、脳幹はその舞台裏です。彼らが協力し合い、私たちの生活を支えているその仕組み、その舞台裏をご紹介します。

人間の脳は、まるで巧妙な舞台裏を持つ劇場のようなものと想像していただくとわかりやすいかもしれません。大脳(だいのう)、小脳(しょうのう)、脳幹(のうかん)がそれぞれ異なる役割を果たし、連携して私たちの生活をサポートしています。

1. 大脳(だいのう): 舞台の主役

大脳はまさに舞台の主役。前頭葉(ぜんとうよう)、頭頂葉(とうちょうよう)、後頭葉(こうとうよう)、側頭葉(そくとうよう)という異なるエリアが、それぞれ異なる役割を果たします。

前頭葉は舞台の演出家で、物事を考え、計画をたて、運動の指令を発します。頭頂葉は美しい庭園で感覚情報を楽しんでいます。後頭葉は美術館で視覚情報を芸術に変えています。

側頭葉は図書館で言語や記憶の情報が整理されています。

2. 小脳(しょうのう): パフォーマンスのアシスタント

小脳はまるで踊り手のような存在。大脳が考えた計画を、小脳がスムーズに具現化する手助けをしています。運動のバランス感覚や微細な動きのコントロールは、まるで踊りのような優雅なパフォーマンスとして表れます。

3. 脳幹(のうかん): 舞台裏のスタッフたち

脳幹は舞台裏の不可欠なスタッフたち。中脳(ちゅうのう)が感覚や運動を監視し、橋(きょう)が情報の通行人として働き、延髄(えんずい)が生命維持機能をコントロールします。間脳(かんのう)は感覚情報を大脳に伝えつつ、体温や内臓の調整も行っています。

この舞台裏の連携により、私たちの歩みや呼吸、心拍などが実現しています。大脳が演出をし、小脳が美しいパフォーマンスを披露し、脳幹が舞台裏を支えることで、私たちの日常が成り立っているのです。

この複雑なチームワークこそが、私たちの脳が生命維持や意識、行動をサポートする秘密の舞台裏なのです。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。

お申し込みはこちら