fbpx

魅力的なHTMLメールの作り方と活用:初心者向け解説

友だち追加

HTMLメールは、Webプログラミング言語である「HTML」を使って作成されたメールのことです。HTMLメールを使えば、テキストメールでは不可能なデザインが可能になり、より高い訴求効果が期待できます。

HTMLメールを作成する方法は、「自力で作る」方法と、「HTMLメール作成機能があるシステムで作る」方法のふたつが代表的です。

  • 文字を、装飾する
  • 画像を、挿入する
  • リンクを、設定する

自力で作る場合は、HTMLタグを使って文章をマークアップし、HTMLメールを作成します。

HTMLメール作成機能があるシステムを使う場合は、HTMLについてまったく知識がなくても、まるで積み木を組み立てるかのような手軽さでHTMLメールが作れます。

特殊な技術が必要?

「こんな綺麗なデザインのメルマガを配信するには、特殊な技術が必要なんだろうな〜」

と思っているかもしれませんが、そんなことはありません。

ツールを使えば、初心者でも簡単に、同じようなメルマガを配信できるようになります。

ブログ記事を、メールで送る

わかりやすく言うと、HTMLメールとは「ブログ記事」を、メールで送れるものということです。

それに対して、通常のメールは、「テキストメール」と呼ばれます。

名前の通り、テキストのみを送るメールのことですね。

原則、文字を装飾することはできません。

画像の挿入やリンクの設定なども、できません。

さて、そんなHTMLメール。

カメラマンが活用していくにあたって、どんなメリットがあるのでしょうか。

HTMLメール3つのメリット

カメラマンが、HTMLメールを活用するメリットは、

HTMLメール3つのメリット

  1. 表現力が高い
  2. 効果測定ができる
  3. コンバージョン率向上につながる

この、3点となります。

メリット1.表現力が高い

HTMLメールは、Webサイトのような見栄えになり、メールの内容が伝えやすくなります。文字の大きさや色の変更が自由自在で、写真や動画を自由に配置できる点が特徴的です。

文字だけのテキストメールよりも読まれやすく、訴求力が高いでしょう。

文字の装飾、画像の挿入、リンクの設定

ところがHTMLメールなら、

  • 文字の装飾
  • 画像の挿入
  • リンクの設定

なども、簡単にできます。

メディアの必要条件

  1. 内容が、論理的
  2. ビジュアルが、きれい

というのは、今のメディア運営においては、必要条件となってきています。

ご存知の通り、メルマガも立派なメディアです。

メリット2.効果測定ができる

HTMLメールにはURLやパラメータも入れ込めるため、メール配信の成果を数値化して見ることができます。メールの開封率、開封された場所(地域)、開封した端末(携帯や、デスクトップ等)、リンクのクリック率などを測定できます。テキストメールでは効果測定が難しいため、メールマーケティングにおいてはHTMLメールを利用しましょう。

  1. 到達率
  2. 開封率
  3. クリック率

などを、計測することができます。

最適なメルマガ運用

テキストメールでは、これらを計測することができません。

計測をして、改善を繰り返す。そうすることで、最適なメルマガ運用をしていくことができます。

メルマガ配信の目的を、達成する。

そのために、HTMLメールは、必要不可欠といっても良いかもしれません。

メリット3.コンバージョン率向上につながる

最後は、「コンバージョン率向上につながる」という点です。

コンバージョン率を上げるには、クリック率を高める必要があります。HTMLメールは、テキストメールよりも読まれやすいためクリック率が高く、コンバージョンにつなげやすいです。さらに、クリック率の測定が可能になることで、クリック率が下がっている原因を突き詰めて改善できます。

リンクボタンの位置や大きさ・色などを変えて試行錯誤し、クリック率を高めれば、コンバージョン率の向上も期待できるでしょう。

HTMLメルマガは、少数派

HTML形式のメルマガを配信しているところは、まだまだ少ないです。

あなたがHTMLメールを、取り入れたとします。

例えば写真や動画付きのメール、それだけで、簡単に差別化することができます。

差別化できるか、否か。これは、死活問題です。

以上が、カメラマンが、HTMLメールを導入するメリットとなります。

HTMLメールの作り方・配信方法としては、ツールを利用するのがおすすめです。

を利用すれば、簡単に配信できます。

HTMLメールを、配信していきましょう。

遅かれ早かれ、スタンダード

私は常に、

「遅かれ早かれ、スタンダードになるものは、早めに取り入れる」

ということを、ルールにしています。

あとで、せかせかするのが、嫌だからです。

ゆっくり、やりたい。

継続していくことが前提

反対に、

  • スタンダードにならないもの
  • 継続性・持続性のないもの

それらは、どれだけ騒がれていても、取り入れないことにしています。

事業は、継続していくことが前提です。

だから、継続性のない集客方法や販売手法は、取り入れません。

スタンダードになる?継続性・持続性がある?

継続的に取り組まないものに、貴重な時間を費やすのは、もったいないと考えるからです。

仮に取り入れるとしても、継続性のあるやり方にします。

  • スタンダードになるか
  • 継続性・持続性があるか

考えていきたいものですね。

HTMLメールを利用することは手段であり、最終目標は楽しく働くことです。数字に囚われず、お客さんとの人間的な関係を大切にしましょう。仕組み化が目的になると、お客さんが数字として見えてしまい、人間味が失われてしまいます。数字にとらわれすぎず、常にお客さんとのつながりを大切にし、楽しく働くことを目指しましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事