fbpx

睡眠は情報を「記憶」させる接着剤

友だち追加

睡眠と脳の関係については、世界中で研究がされている関心の高いトピックです。近年では、睡眠中に脳内の記憶が整理・統合されていたり、掃除が行われていたりといったことが明らかにされてきました。

そして最近では、「脳内に記憶を定着させるのは、睡眠」という事が言われています。

これまで、数日前までに起きた新しい記憶は「海馬」、それより前の古い記憶は「前帯状皮質(ぜんたいじょうひしつ)」といったように、新旧の記憶は脳内で別々の場所で保存されていることが分かっていました。そして、それぞれの場所で行われる記憶の定着に、睡眠が必要であることが京都大学の研究によって明らかにされました。

記憶が形成されるときは、脳の神経細胞の間で情報伝達効率が長期に渡って上昇することが分かっています。この反応が、「短期記憶」の保存庫である海馬では、学習の直後と当日の睡眠中に。そして、「長期記憶」の保存庫である前帯状皮質に記憶が移るのが、学習翌日の睡眠中に起こることが判明。

この2段階の反応があることで、脳は学習で獲得した記憶を長期に保持することができるというわけです。

つまり、学習のために睡眠を削るのは、「睡眠」というノリ付けがされないため、学習した内容はあっけなく消え去ってしまう…ということですね。

学習と睡眠は常にセットである。そして、それは翌日にも作用する。これが、学習効果を高める絶対条件であることを覚えておいてください。

参考

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事