fbpx

運動の「適度な衝撃」が血圧を改善&脳を守る!?

友だち追加

健康診断などで血圧に黄色信号が灯ったとき、医師からは「適度な運動をしてくださいね」と指導を受けることがよくあります。

しかし、適度な運動によって、高血圧が改善される仕組みはこれまで明らかにされていませんでした。

最近では、運動時の物理的な衝撃が頭部に伝わることで、脳の髄液に流動性が生まれ、血圧調節中枢を刺激するために血圧が改善されるというメカニズムが明らかになりました。

この新たな事実を明らかにしたのは、国立障害者リハビリテーションセンターや関西学院大学などの共同研究チームです。

すでに報告されているように、高血圧ラットに人間の軽いジョギングと同等の運動をさせると、高血圧の改善効果や交感神経活性の抑制効果があることがわかっています。

この情報を元に、研究チームはラットの運動中に前足が着地するたびに約1Gの衝撃が頭部に加わることを確認しました。

さらに、この上下動による同程度の衝撃を1日30分、2~3週間加えることで、高血圧症を改善する効果があることが明らかになりました。

ちなみに、脳の脳脊髄液の動きを阻害した状態で同程度の衝撃を与えても、高血圧改善効果は認められませんでした。

さらに、研究チームはヒトにおいても、軽いジョギングまたは早歩きで頭部に1Gの衝撃が加わることを確認しました。

同じ衝撃が頭部に加わる座面が上下動する椅子に、1日30分間、1週間に3日、1か月搭乗すると、高血圧改善効果と交感神経活性抑制効果があることが分かりました。

「運動で頭部が適度に衝撃を受けることで、脳内の細胞の機能調節が行われる」というのは、高血圧が気になる人にとっては大きな励みになりそうです。

ジョギングや速めのウォーキング、縄跳び、高台踏みなどをコツコツ行うことで、脳と血管の健康寿命を延ばしていきましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事