fbpx

朝の習慣で頭の回転をアップ!

友だち追加

「頭がいい」と言われる人の中には、言葉やアイデアがスムーズに出てきて、脳の回転速度が速いという特徴があります。このような脳の特性は、会話やアイデアの創造性が豊かであることを示しています。もし、このような脳の回転速度をキープしたり、向上させたりしたいと考えているなら、朝の習慣に注目してみましょう。

脳の回転速度

20歳をピークに認知機能が低下することが知られていますが、脳は「可塑性」があり、トレーニングによって能力を向上させることができます。脳の回転速度をアップさせる効果的なトレーニングの一つは、「できるだけ早く声に出して文章を読む」ことです。のんびりとしたペースではなく、全力で速く読むことがポイントです。科学的な実証によれば、このトレーニングが脳の回転速度を向上させる効果があります。

毎日10~15分の音読を続けることで、脳の回転速度だけでなく、記憶力も20%アップすることが分かっています。朝にこのトレーニングを取り入れることで、一日中処理速度や記憶力が向上した状態で仕事に取り組むことができ、生産性も高まることでしょう。

まとめ

朝の習慣として、速く声に出して文章を読むことを取り入れましょう。この簡単なトレーニングが脳の回転速度を向上させ、記憶力も向上させます。1日の始まりにこの習慣を取り入れることで、一日中スムーズな思考やクリエイティブなアイデアの出しやすい状態を作り出すことができます。朝の時間を有効活用して、より充実した日々を送りましょう。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事