fbpx

昼寝の力でリフレッシュと認知症予防!

友だち追加

昼寝は乳幼児や高齢者だけのものではありません。近年、仕事の効率向上を目指して企業で昼寝タイムが取り入れられ、その効果が注目されています。なんと認知症予防にも寄与する可能性があります。

昼寝と認知症予防

国立精神・神経医療研究センターの調査によると、30分未満の昼寝をする人は昼寝習慣がない人と比べ、認知症の発症率が1/7に減少したと報告されています。昼寝の習慣があるほど、将来的に認知症になりにくいという結果も示されました。

適切な昼寝の時間と方法

時間の目安: 15分程度が理想的。1時間以上は夜の睡眠を妨げる可能性があります。

昼寝のタイミング: 午後3時までが望ましい。遅すぎると夜の眠りに影響が出る可能性があります。

明るい環境: 部屋を暗くしすぎず、あまり寝過ぎないように心がけましょう。

忙しい人のための昼寝アイデア

昼寝が難しい場合でも、15分のリフレッシュが可能です。

デスクでの休憩: 昼休みにデスクで15分横になったり、目をつぶったりすることでリフレッシュできます。

椅子での休息: 椅子に座ったまま目を閉じるだけでも、気分がリセットできます。

将来の認知症予防や日中のパフォーマンス向上のために、ぜひ昼寝タイムを取り入れてみましょう。15分の短い休憩が、効果的なリフレッシュにつながります。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事