fbpx

ネガティヴ情報の波に飲まれないための実践的なアプローチ

友だち追加

いつからメディアが慎重な表現を強化したかを考えると、最近では断定的な言葉を避け、クレームを回避する姿勢が強まっています。

日々の報道でも、包丁や竜巻などの出来事が誤解を生みかねない表現に気を配ることが求められています。しかし、この慎重さには賛否があり、どこまでが妥当な表現なのか模索が続いています。

なぜクレームを回避する必要がある?

実際には、誤解や混乱を招く言葉遣いがクレームの原因となることがあります。例えば、熊被害の報道で「殺処分」という言葉が使われた場合、市民からのクレームが数件寄せられることがありました。その結果、役所側は電話を切ることができないというルールに苦しむことになり、業務への支障が生じました。

どのようにクレームを避けるか。報道機関は7万人に1人が誹謗中傷の対象となる中、慎重な表現が求められます。

視聴者が異なる正義感を持つことから、慎重に伝えることが求められる一方で、表現に制約をかけることで報道の質が向上することも期待されます。

どこでこの慎重な姿勢が求められているか。地域社会においても、納税者に対する配慮が必要です。ふるさと納税が普及した現代においては、県外にも納税者が多く存在し、クレームに真摯に向き合う姿勢が求められます。

誰がネガティヴ情報の影響を受けやすいか。自分と異なる価値観に触れることで、人はネガティブな気持ちになりやすいです。アマゾンのレビューや売上ランキングの関係も、低評価の方が大きな影響を与えることが示されています。

なぜネガティブなニュースが増えているのか。

視聴率のためにネガティブな情報が強調されることがありますが、その中で重要なのは、常に明るく前向きな気持ちを持ち続けること。悲観的な情報に振り回されず、自分の判断力を大切にすることが求められます。

まとめ

ネガティヴ情報の影響を遠ざけるためには、メディアや個々のコミュニケーションにおいて、慎重な表現と理解の努力が欠かせません。

異なる価値観に触れた時こそ、前向きな気持ちを保ち、冷静に物事を判断することが重要です。

報道機関も視聴者との信頼関係を築くために、バランスのとれた表現に努め、視聴者もネガティヴ情報に振り回されず、より良い社会を築くためにポジティブな発信していくことが求められます。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事