fbpx

ピアノは、単なる音楽の習い事ではありません

脳の処理能力を向上させ、 メンタルヘルスを改善する効果が科学的に証明されています。

なぜ、ピアノが脳に良いのでしょうか?

その理由は、主に以下の3つが挙げられます。

多感覚的情報処理能力の向上

ピアノを弾くには、 視覚 で 楽譜 を読みながら、 聴覚 で 音 を聞き、 指 で 鍵盤 を押さえるという、 複数の感覚 を 同時に 使う必要があります。

脳は、これらの 多感覚的情報 を 処理 し、 理解 することで 活性化 します。

イギリスのバース大学 の研究によると、 ピアノ未経験者 の成人に 週1時間 の ピアノ練習 を 11週間 続けたところ、 視覚 と 聴覚 などの 多感覚的情報 を 処理する能力 が 高まる こと**

この能力は、車を運転したり、人混みの中で知り合いを見つけたり、テレビを視聴したりするなど、 日常生活 において 非常に重要 な役割を果たします。

脳の活性化

ピアノを弾くには、 目 と 耳 に 注意 を向けながら、 スコア 通りに 両手の10指 を 同時に コントロールするという、 非常に複雑 な作業が必要です。

この 複雑な作業 を 繰り返し行う ことによって、 脳 が 活性化 され、 新しい神経細胞 が 生成 されることが期待できます。

ストレス軽減・気分高揚

ピアノを弾くことは、 集中力 を 高め、 リラックス 効果をもたらします。

また、 音楽 を聴くことによって、 ドーパミン などの 脳内物質 が 分泌 され、 気分 が 高揚 します。

イギリスのバース大学 の研究では、 ピアノ練習 を行った被験者において、 うつ症状 や 不安、 ストレス が 軽減 することが確認されました。

このように、ピアノを弾くことは、

  • 脳の処理能力 を 向上 させ、 認知機能 を 維持 する
  • ストレス を 軽減 し、 気分 を 高揚 させる
  • 脳の健康 を 維持 する

などの効果 が期待できます。

子どもの頃に習っていたけど、最近は縁がなくなった という人も、 大人になってから も ピアノ を 始める ことによって、 脳 を 活性化 し、 メンタルヘルス を 改善 することができます。

脳を鍛えながらメンタルケアもできる 、 一石二鳥 の 趣味 として、 ピアノ を始めてみてはいかがでしょうか。

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。