fbpx

夏バテ防止と認知症予防のダブル効果!体を動かすことが脳を守る理由

暑い夏 は、 エアコンの効いた部屋 から 外に出るのが億劫 になり、 運動不足 に陥りやすい時期です。

しかし、 体を動かさない生活 は、 にとって 大きな損失 となります。

近年、 身体活動認知症リスク劇的に低減 することが 科学的に証明 されています。

なぜ、体を動かすことが認知症リスクを半減するのでしょうか?

その理由は、主に以下の3つが挙げられます。

1. 脳への血流増加

体を動かすと、 心拍数 が上がり、 血液の循環 が活発になります。

その結果、 脳への血流増加 し、 脳細胞十分な酸素と栄養素 が供給されます。

脳は、 酸素と栄養素エネルギー源 として 活動 しています。

脳への血流が 増加 することで、 脳細胞活性化 し、 認知機能向上 します。

2. 脳の神経細胞の保護

体を動かすと、 脳内BDNF と呼ばれる 神経成長因子分泌 されます。

BDNFは、 脳の神経細胞成長生存促進 する効果があります。

また、 脳の神経細胞損傷 から 保護 する効果も期待できます。

3. 脳の萎縮抑制

研究によると、 身体活動量が多い人 は、 脳の海馬大脳白質 などの 重要な部位萎縮 する リスクが低い こと

海馬 は、 記憶学習 に重要な役割を果たす部位です。

大脳白質は、 脳の神経細胞同士をつなぐ 役割を果たす部位です。

これらの部位が 萎縮 すると、 記憶力思考力 が低下したり、 認知症 を発症したりするリスクが高くなります。

このように、体を動かすことによって、

  • 脳への血流増加
  • 脳の神経細胞の保護
  • 脳の萎縮抑制

などの効果が期待でき、

認知症リスクを半減する ことが科学的に証明 されています。

運動が苦手な人や忙しくてジムに通えない人でも、 日常生活の中で体を動かす機会を増やすことによって、 守ること

具体的には、以下の方法が有効です。

  • 朝晩の散歩を習慣化する
  • 自転車で通勤・通学する
  • 家事や庭いじりを積極的に行う
  • スポーツジムに通う
  • ヨガやダンスなどの運動を取り入れる

ちょっとした工夫 で、 体を動かす機会増やすことによって、 将来の認知症リスク大幅に低減することができます。

夏バテ防止にも効果的な運動を習慣にして、健康保ちましょう

いわさきじゅん

1998年に広告制作会社で写真が始まり、アートイベント会社の広報として活動していました。まだあまりウェブマーケティングが普及していない2006年からSEO(検索エンジン対策)・リスティング広告(PPC広告)・LPO(ホームページ対策)・コピーライティングなど、サポートをしています。