fbpx

脳の活性化と褒めることの関係

友だち追加

褒められた時、脳内ではやる気を生み出すドーパミンや幸せな気持ちに関与するセロトニンが活発になり、広い領域で脳が活性化します。この効果は特に前頭前野の右側のやる気に関わる部位に影響します。

40~50代の働き盛りの世代は、褒められるよりも褒める機会が多いかもしれませんが、実は人を褒めることも脳を活性化させる効果があります。

相手を褒める際には、相手の良いところを見つけるために観察し、コミュニケーションを深めることで、脳の広い領域が活発になります。

褒めることで褒めた人自身の脳内には、ストレスを緩和し幸せな気持ちにさせるホルモンであるオキシトシンが分泌され、気持ちが安定し相手に対する信頼感も増すとされています。

上司としては、厳しい言葉で指導することも大切ですが、良い点に注目しプラスの感情を込めて伝えることで、部下のやる気を引き出し、脳の活性化に寄与することができます。

ただし、褒める際には上っ面だけでなく、相手のことを正しく理解し、真摯な気持ちを込めることが大切です。

いわさきじゅん

スクエアシンク・インターナショナル株式会社代表。主にひとり経営者のために、ウェブ広告を使った自動化戦略の構築をサポートしています。

友だち追加

関連記事